クレジットカードの審査知識

学生がクレジットカードを申し込むと親への連絡はある?年齢によって変わる!

学生の立場でクレジットカードを申し込んだ場合、親へ連絡がいくかどうか気になっていませんか?

できれば、親に内緒でクレジットカードをこっそり作成したいと考えている方もいることでしょう。

ここでは、学生がクレジットカードを発行する際に、親への連絡があるかどうかについて解説していきたいと思います。

結論から言うと、親への連絡は学生だからという理由ではなく、年齢によって変わってきます。

これからクレジットカードの発行を考えている方は、ぜひ本記事の内容を参考にしてみてください。

» 学生におすすめのクレジットカード

学生がクレジットカードを申し込んでも基本的に親へ連絡はない

学生がクレジットカードを申し込んでも基本的に親へ連絡はない学生だからと言って親へ必ず連絡があるわけではない

学生がクレジットカードを申し込んでも基本的に親への連絡はありません。

学生であっても親へ連絡がないことを踏まえると、親に内緒でクレジットカードを作成することも可能です。

ただし、未成年の学生の場合は話が別です。

以下の通り、学生がクレジットカードを申し込む際に、親への連絡があるかどうかは年齢によって異なるのです。

  • 未成年の場合:クレジットカード会社から親への連絡がある
  • 成人の場合:クレジットカード会社から親への連絡はない

 

未成年の学生は親の承認が必須

未成年の学生がクレジットカードを作成する場合、親の承認を得ることは必須事項となります。

これは法律でも定められていることなので、避けて通ることはできません。

未成年の方は必ず親にクレジットカードを作成したい旨を伝え、了承を得ておきましょう。

  • 未成年は親の承諾が必須

なお、親の説得の方法については本記事の後半でまとめていますので、ぜひそちらも参考にしてみてください。

友人などに偽装してもらうのは厳禁

あえて言うまでもありませんが、以下のような理由があるからといって、未成年がクレジットカードを申し込む時に友人などに偽装してもらうという行為に至るのは厳禁です。

  • 未成年だが親に内緒でクレジットカードを作成したい
  • 親の了承が得られなかった

もし偽装してもらったという事実が明るみに出た場合、あなた自身の信用情報に大きな傷が残ってしまうのはもちろんのこと、今後クレジットカードを作成するのが非常に困難となります。

虚偽の申請をしてもいいことは何一つありません。クレジットカードの申し込みは、正々堂々と条件を整えて臨むようにしましょう。

未成年の学生がクレジットカードを申し込むと親の信用情報が影響する可能性も

未成年の学生がクレジットカードを申し込むと親の信用情報が影響する可能性も未成年だと親の信用情報が重要になる

さて、続いてみていきたいのは親の信用情報にかかわる話です。

未成年の学生がクレジットカードを申し込みした場合、親の信用情報が影響を及ぼすこともあります。

  • 親のクレヒスが全く構築されていない(スーパーホワイト
  • 親のクレヒスに傷がついている

申込者の親が上記の状況であれば、クレジットカードの審査に落ちてしまう可能性も0ではありません。

学生本人の立場からすれば、「じゃあどうすればいいの?」という気持ちになってしまいますよね。

成人になれば親の信用情報は関係なくなる

親の信用情報の影響を避けたい場合には、クレジットカードの発行を成人になるまで待つのがベストです。

  • 未成年の場合:親の信用情報が審査に影響を与える可能性がある
  • 成人の場合:親の信用情報がみられることはない

上記の通り、成人になってしまえば、もはや親の信用情報に目を向けられることもありません。

逆に言えば、成人になると申込者本人のクレヒスが審査の対象となってくるため、それまでに支払いの遅延などがあれば、たとえ学生と言えど審査が非常に厳しくなってしまうのは言うまでもありません。

信用情報はクレジットカードだけではなく、携帯電話の本体代金を分割している場合の滞納も含まれるので、もし現状滞納を繰り返している場合は今後一切ないようにしておきましょう。

コツコツとクレヒスを積み上げていくことが重要

将来的なことを考えれば、学生のうちからクレジットカードを利用してコツコツとクレヒスを積み上げていくのは非常に重要なことと言えます。

美しいクレヒスを構築しておけば、以下のような場面で必ず役に立ちます。

  • 新規でクレジットカードを発行する時
  • 車やマイホームをローンで購入する時

また、美しいクレヒスを作る上でのポイントも合わせて紹介しておきましょう。

  • 金額の多寡は意識しなくても良い
  • 毎月継続的にクレジットカードを利用する
  • 毎月遅延なく支払いをする

いくら費やしたか」ということは実はあまり重要ではありません。

それよりも、少額でも毎月継続的な利用があることの方が大切です。クレヒスというのは本当に「コツコツ」という言葉がしっくりくるような仕様になっていますね。

もちろん、せっかく毎月継続的に利用しているにもかかわらず、一度でも支払いの遅れがあると、それまでの努力が水の泡になってしまう可能性があります。

クレジットカード利用の締め日・支払い日をしっかりと確認し、引き落とし口座に潤沢な資金を準備しておくようにしましょう。

クレヒスの重要さについては『クレジットヒストリーとは?クレヒスの作り方とかかる期間』の記事にて更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

合わせて読みたい» 審査に甘いクレジットカードはこちら

親にクレジットカードを発行する為の説得理由

親にクレジットカードを発行する為の説得理由さて、未成年であればクレジットカード発行の際に親の承諾が必須であることは前述した通りです。

そこでここでは、クレジットカードを発行する為の親への説得理由として有効なものをいくつか紹介していきましょう。

  • 学生のうちなら審査が厳しくない
  • 社会人向けのクレジットカードでは得られない特典がある
  • 学生のうちから信用情報を積み重ねることができる
  • 学生のうちからお金の管理を学ぶことができる

早速、それぞれの項目について解説を加えていきますね。

学生のうちなら審査が厳しくない

クレジットカード会社は学生に対し、以下の項目については審査の材料にしていません。

  • 年収
  • 勤続年数

なぜ学生がクレジットカードを申し込む際に上記の項目を重視していないかと言うと、クレジットカード会社が、学生の本分が勉学に勤しむことであると十分に理解しているためですね。

この点を踏まえ、親を説得するのであれば、以下のような言い回しはどうでしょうか。

社会人になったらいずれクレジットカードを持つことになる。それなら審査が比較的厳しくない学生のうちに発行する方が間違いなく良い。

ただし、親によっては「それなら社会人になってからで十分」と返される可能性もあるため、以下で解説していく他の理由と併用しながら説得すると良いでしょう。

社会人向けのクレジットカードでは得られない特典がある

学生向けのクレジットカードには、社会人向けのクレジットカードでは得られない様々な特典があります。以下に一例を示しましょう。

学生用のクレジットカードにはこのような特典があることを親に伝え、節約効果が高まるという点を強調すれば、親も首を縦に振ってくれるかもしれません。

さらに、キャッシュバックやボーナスポイントなどの特典につられ、必要以上の決済をしないように心がけるということを重ねて伝えれば、より親に安心感を与えることができるでしょう。

学生のうちから信用情報を積み重ねることができる

個人の信用情報は、将来的に以下のような場面で重要となってきます。

  • クレジットカードを新規で作成する時
  • 車やマイホームをローンで購入する時

クレジットカードやローンの審査において、クレヒスの内容は非常に重要視されることは間違いありません。

この点を考慮に入れると、できるだけ早い段階からクレヒスを構築するに越したことはありません。

ここまでを親に理解してもらった上で、以下のポイントを強調するのがおすすめです。

  • クレヒスを構築するのに高額決済は必要ない

毎月ほんの少しずつだけクレジットカードの決済に当てるという意思を伝えておけば、親もそこまで心配することもないでしょう。

学生のうちからお金の管理を学ぶことができる

学生がクレジットカードを発行することに対し、親が最も懸念していることとして、お金の管理がきちんとできるかどうかという点が挙げられるのではないでしょうか。

この親の心配のタネを逆に説得材料として活用します。

  • 今のうちにお金の管理を学んでおけば、将来大きな失敗をすることもない。

このような文句でどうでしょうか。将来的にお金のことで失敗したくないからこそ、「今のうちに勉強したい!」という前向きな姿勢をアピールしてみてください。

学生が実家でクレジットカードを発行したら親へバレる可能性も!?

学生が実家でクレジットカードを発行したら親へバレる可能性も!?最終項でみていくのは、クレジットカード発行の親バレに関する内容です。

学生の中には、できれば親に内緒でクレジットカードを発行したいと考えている方もいることでしょう。

そこでここでは、親バレを懸念する学生の方々に向けて、親バレしない為の注意点を囁いておきたいと思います。

クレジットカードの受け取り先住所に注意

まず気をつけていただきたいのが、クレジットカードの受け取り先住所です。

受取先を実家に設定してしまっていると、クレジットカードが届いた際に親にバレる可能性がありますよね。

  • 一人暮らしをしている場合:一人暮らしの住所で受け取る
  • 実家暮らしの場合:親バレ覚悟でクレジットカードを発行する

残念ながら実家暮らしの場合、確実に親バレを防ぐのは困難です。

クレジットカードが送付されてくるタイミングを完璧に把握することはできないため、親バレを覚悟で発行手続きする他ないでしょう。

クレジットカード利用明細はWEB明細にしておく

一人暮らしをしている方の場合、住所の記載さえ間違えなければ、クレジットカード会社からの送付物で親バレすることはありません。

一方、実家暮らしの方で、運よく親が不在の時にクレジットカードを受け取ることができたとしても油断は禁物です。

なぜなら、毎月の利用履歴として、紙の利用明細がクレジットカード会社から送られてくるためです。

ただし安心してください。紙の利用明細ではなく、WEB明細に設定を変更しておけば、利用明細が郵送されてくることはありません。

ここまでを徹底して行って初めて、親バレを防ぐことができますよ。

そもそも未成年は親の承認がなければ発行不可能

改めての確認となりますが、そもそも未成年は親の承認がなければクレジットカードの発行をすることができません。

友人に偽装してもらうなどのあらぬ行為に及ぶことなく、きちんと親に事情を説明し、承諾を得た上でエントリーしましょう。

どうしても親の承認が得られそうにない場合は、成人になるのを待つほかありません。

成人を迎えた後であれば、緊急連絡先として親の情報を申請する必要はあるものの、実際に親に連絡がいくことはないので安心してくださいね。

学生がクレジットカードを申し込んだ場合の親連絡は未成年のみ!

学生がクレジットカードを作成する場合、年齢によって親への連絡があるかどうかは異なってきます。

  • 未成年の場合:クレジットカード会社から親へ連絡が必ずある
  • 成人の場合:クレジットカード会社から親へ連絡はない

未成年の場合は親の承認が必須であることは法律で決まっており、避けることができません。

大人が納得するであろう十分な説得材料を準備した上で、真摯にクレジットカードを発行したい旨を親に伝えましょう。

間違っても、友人に偽装してもらうなどして、虚偽の申請をしてはいけません。

最悪の場合、あなた自身のクレヒスに大きな傷が残り、今後の審査が圧倒的に不利になってしまいますよ。

» 学生におすすめのクレジットカード