一般カードの審査

JCBカード W plus Lの審査は厳しい?甘い?審査に通過する為のチェックポイント

JCBカード W plus Lは、女性に嬉しい特典が満載のカードですし、申し込むのなら、リニューアルしたばかりの今がチャンス!

しかし、JCBカード W plus Lを手に入れるためには、審査に通過しなければいけないことが心配の種ではないでしょうか。

そんなあなたのために、JCBカード W plus Lの審査の難易度や審査にかかる時間を解説しましょう。

審査に通過するためのチェックポイントもご紹介するので、ぜひJCBカード W plus Lを手にして、あなたらしいクレジットライフを送りましょう。

JCBカード W plus L2

\ポイント高還元!/
» 公式サイトで詳しく見る

JCBカード W plus Lの審査は厳しい?甘い?

JCBカード W plus L2
基本還元率 1%
年会費 無料
国際ブランド JCB
ETCカード 無料
家族カード 無料
※2枚まで発行可能

» カードの特典を見る

JCBカード W plus Lは、一般のJCBカードのポイント還元率と比較すると、2倍の還元率の1%!

どこで使っても1%のOkiDokiポイントが貯まるのが、大きなメリットです。

みお
みお
JCBカード W plus LはJCBカードWの兄妹カードで、女性向けの優待を更に用意してくれているカードです!

その他にも、JCBカードの特典やJCBカード W plus Lだけの特典が下記のようにあります。

  • JCB ORIGINAL SERIESパートナー』でお得にポイントGET!
  • 貯まったポイントはカードの支払いに利用可能(1ポイント=3円)
  • 海外旅行傷害保険付帯(最高2,000万円)
  • 海外ショッピングガード保険付帯(年間100万円まで)
  • LINDAの日』のルーレットで当たりが出ればギフトカードプレゼント
  • 毎月の優待&プレゼント企画が満載!
  • LINDAリーグ』で優待サービス・優待特典あり
  • 女性のための保険サポート』(有料)で万が一に備えられる
  • ディズニーランド・ディズニーシーのキャンペーンに参加できる
  • OkiDokiランド』でポイントアップ! など

これだけたくさんの特典が受けられて、その上年会費が無料なのですから、発行しておかないと損ですよね。

でも、カードの利用可能枠はどのくらいなのかな

このように、クレジットカードの申し込みポイントとして、カードの利用可能枠(利用限度額)を知っておきたい方もいることでしょう。

そこで今度は、JCBカード W plus Lの利用可能枠についてご説明しましょう。

JCBカード W plus Lの利用可能枠は審査で決まる

クレジットカードの多くは、公式サイトにてカードの利用可能枠を記載してあります。

しかし、JCBカード W plus Lの公式サイトには、カード利用可能枠は記載してありません。

あなたが申し込みをした時に申告した情報と、個人信用情報機関に登録してあるあなたの信用情報を元にして、利用可能枠を決定するからです。

利用可能枠が10万円になるか、100万円になるかは、カードが届いてからしかわからないということですね。

クレジットカードの利用枠については『クレジットカードの限度額を引き上げる場合は審査が必要!発行後何ヶ月後に増枠申請が可能?』の記事で詳しく解説しているので合わせて参考にしてくださいね。

では、利用可能枠を決めるなどの審査は、どこの会社が行っているのかを次の項目で解説しましょう。

JCBカード W plus Lの審査はJCBが行なっている

JCBカード W plus Lの審査は、JCBオリジナルシリーズのカードなので、JCBが行なっています。

JCBは、下記の2つの個人信用情報機関に加盟しているので、あなたの信用情報は2つの機関に開示依頼をして審査します。

個人信用情報機関の詳しい説明は、後の章で行ないますね。

さて、JCBカード W plus Lは、誰でも申し込みができるというわけではありません。申し込みができる方の条件があるのです。

そこで次の章では、JCBカード W plus Lの申し込み資格と条件についてご説明しましょう。

審査の前にチェック!JCBカード W plus Lの申し込み資格・条件

審査の前にチェック!JCBカード W plus Lの申し込み資格・条件申し込み前に条件は要チェック!

JCBカード W plus Lに申し込むためには、まず申し込み資格と条件をクリアしなければいけません。

みお
みお
基本的にJCBカードWと同じ審査難易度だと思っていいと思います!

では、どのようなことが資格と条件になっているのかを、下記にまとめましょう。

  • 満18歳以上39歳以下(高校生不可)
    ※未成年は親権者の同意が必要
  • 本人または配偶者に安定継続収入のある方

申し込みができる年齢は、高校生を除く満18歳以上で39歳以下の方です。また、申し込む本人か配偶者に、安定して継続した収入があることが条件です。

配偶者がいない場合、生計を同一とする家族に収入があればOK。

つまり、専業主婦でも学生でも申し込みができるということですね。

ただし、学生の場合は、一部申し込みができない学校があります。あなたが学生であるなら、申し込みができるかどうかを一度確認してみるといいでしょう。

JCB入会ご案内専用ダイヤル
  • フリーダイヤル:0120-015-870
  • スマートフォン・携帯電話の方:0570-015-870(有料)
  • 受付時間:午前9時から午後5時まで
  • 休日:日曜日・祝祭日・年末年始休

JCBカード W plus Lに申し込みをするためには、もう一つ条件があります。それは、申し込みに必要な書類を用意できるかどうかです。

そこで今度は、JCBカード W plus Lの申し込みに必要な書類・本人確認書類についてご説明しましょう。

\ポイント高還元!/
» 公式サイトで詳しく見る

JCBカード W plus Lに必要な書類

申し込みに必要な書類は、申し込み方法や申し込む本人の状況によって違います。

  • インターネット申し込み&オンライン口座設定
  • インターネット申し込み&郵送口座設定
    ※未成年の方、無職の方を含む

申し込み自体はインターネットで行ないますが、口座設定がオンラインか郵送かで違います。

満20歳以上の方で、JCBカード W plus Lの口座設定をオンラインで行う場合は、下記の書類が必要になります。

  • 本人名義の金融機関の口座番号がわかるもの(通帳・キャッシュカード)

といっても、通帳やキャッシュカードのコピーがいるわけではありません。オンライン口座設定を行なう際、入力に必要になるだけです。

本人確認書類はいらないの?

このように感じた方もいることでしょう。

本人確認は、オンラインで口座設定したときに金融機関で行なえますので、運転免許証などの本人確認書類は必要ありません。

郵送で口座設定を行なう方や未成年の方などが、本人確認書類を別に用意することになります。

郵送で口座設定する方・未成年の方・無職の方が用意する必要書類

オンラインで口座設定を行なう場合は、本人確認書類が特に必要ありませんでしたね。しかし、下記の事項に当てはまる方は、本人確認書類が必要になります。

  • 郵送で口座設定を行なう方
  • 未成年の方
  • 無職の方
  • 無職で配偶者に安定した収入がある方

上記の方は、インターネットで申し込み後にJCBから書類が届くので、必要事項を記入して、本人確認書類を同封して返送します。

では、どのような書類を用意すればいいのか、下記の表にまとめましょう。

必要書類【A】 注意事項・詳細
運転免許証・運転経歴証明書 ・氏名・現住所の変更がある場合裏面必要
・日本国内発行のもの
必要書類【B】 注意事項・詳細
各種健康保険証 ・本人の名前・生年月日・現住所記載面
・カードタイプの場合は両面
・被保険者等記号・番号、保険者番号、2次元バーコード等はペン等で黒く塗りつぶす
※JCBは介護保険証は不可
パスポート ・写真および現住所のページ
・日本国内発行のもの
※2020年2月4日(火)以降のものは不可
住民票の写し ・発行日から6か月以内のもの
個人番号カード
(マイナンバーカード)
・表面のみ
※通知カード(写真なし)は不可
在留カード・特別永住者証明書 ・住所等の変更があれば表裏両面必要
必要書類【C】 注意事項・詳細
補完書類 ・公共料金の領収書(電気・都市ガス・水道・NHK発行のいずれか1つ)
・社会保険料の領収書
・国税・地方税の領収書または納税証明書
※それぞれ発行日から6か月以内のもの
※本人名義であること
※現住所であること
※領収書・納税証明書以外の書類は無効

表にズラッと並べましたが、上記の書類全てが必要なわけではありません。

そこで、どのような方がどんな書類を用意すればいいのか、わかりやすくまとめましょう。

必要書類は持っている書類がどれでどんな状態かで変わる

あなたが持っている本人確認書類がどれなのか、住所は現住所となっているかなど、条件によって用意する書類が変わります。

運転免許証または運転経歴証明書がある方 【A】のコピー1点と【B】のコピー1点
【A】のコピー1点と【C】のコピー1点
運転免許証または運転経歴証明書がない方 【B】のコピー2点(別の種類であること)
【B】のコピー1点と【C】のコピー1点
【A】【B】どちらかが現住所と違う方 【A】のコピー1点と【B】のコピー1点と【C】のコピー1点
【A】【B】共に現住所が違う方 【A】のコピー1点と【B】のコピー1点と【C】のコピー2点

必要書類に不備があると、JCBから書類を送り返されたり、電話がかかってくることがあります。

本人確認書類をコピーする際は、記載事項や印鑑が鮮明に写るようにコピーしましょう。

JCBカード W plus Lの審査・難易度|JCBカードWと審査難易度は変わらない

JCBカード W plus Lの審査・難易度|JCBカードWと審査難易度は変わらないJCBカード Wの審査難易度も高くない!

どんなクレジットカードを申し込むときでもそうですが、やはり審査の内容や難易度は気になるものですよね。

審査の難易度が高いようなら、JCBカード W plus Lは諦めた方がいいかな…

なんて思ってしまうかもしれません。かといって、審査の内容や難易度は、カード会社に問い合わせても、その答えをくれることはありません。

クレジットカードの審査とは、その一切を教えることができないくらい重要なのです。

ではどのようにしてJCBカード W plus Lの審査の難易度を見るのか…というと、下記の項目で難易度を推測します。

  • 申し込み資格・条件
  • クレジットカードの系統
  • カードランク

まずは、JCBカード W plus Lの申し込み資格・条件から難易度を推測していきましょう。

\ポイント高還元!/
» 公式サイトで詳しく見る

JCBカード W plus Lの申し込み資格・条件から審査難易度を推測!

先の章でもお伝えしましたが、JCBカード W plus Lの申し込み資格と条件を、もう一度下記にまとめましょう。

詳細
申し込み資格 ・満18歳以上39歳以下(高校生不可)
・本人または配偶者に安定継続収入のある方
申し込み条件 ・未成年は、親権者の同意が必要
・本人名義の金融機関口座があること
・本人確認書類が用意できること

申し込みが可能な年齢は、満18歳以上39歳以下の方ということから、若い方に向けたカードであることがわかりますね。

そんな若い方に「年収は500万円以上!」や「年会費何万円以上支払える方」なんて条件がついていたら、誰もJCBカード W plus Lに入会できませんよね。

また、未成年の方は親権者の同意があれば申し込みができることなど、申し込みができる条件がそれほど難しくありません。

こういったことから、JCBカード W plus Lの審査の難易度は低めであることがわかります。

では次に、クレジットカードの系統で審査の難易度を推測してみましょう。

カード系統からJCBカード W plus Lの審査難易度を推測!

クレジットカードは、400社以上の会社・金融機関が発行しているので、それら全てのカードの審査の難易度を知ろうとすると、かなりの時間が必要になりますよね。

そこでこちらでは、クレジットカードを6つの系統に分けて、それぞれのカードの審査難易度を比較します。

まずは、下記の表に詳細をまとめましょう。

クレジットカード系統名 審査の難易度
『外資系』カード 高い
『銀行系』カード そこそこ高い
『鉄道・交通系』カード ちょっと高い
『信販系』カード 中間程度
『流通系』カード 低め
『消費者金融系』カード 低い

外資系』カードで有名なのは、アメリカン・エキスプレス・カードですね。

銀行系』カードなら三井住友銀行や三菱UFJ銀行発行のカードがあります。

流通系』カードといったら、イオンカードやPayPayカードなどがあります。

では、JCBカード W plus Lはどの系統なのかというと、JCBが発行しているカードなので『信販系』カードになります。

上記の表を見ると、信販系の審査の難易度は中間程度です。

流通系よりも審査は厳しいけど、JALカードやANAカードなどの『鉄道・交通系』カードよりは難易度が低めです。

では次に、カードランクについてご説明しましょう。

カードランクでJCBカード W plus Lの審査難易度を推測!

カードランクは、クレジットカードの色で決められていることが多く、カードの色とカードランク・審査の難易度を表にまとめると、下記のようになります。

カードの色(名称) カードランク 審査の難易度
ブラックカード かなり高い 難易度が高くて、かなり難しい
プラチナカード 高い 難易度が高くて、難しい
ゴールドカード ちょっと高め ちょっと高いが、プラチナほどではない
一般カード 低め 難易度は低めで、入会しやすい

ブラックカードよりもランクが上のカードもありますが、ここでは割愛します。

JCBカード W plus Lのカードランクは、一般カードになります。

一般カードの難易度は低めであり、比較的入会しやすいのが利点です。

さて、ここまでをまとめてみると、JCBカード W plus Lはどちらかと言えば審査の難易度が低く、入会しやすいカードであるといえますね。

実は、JCBカード W plus Lとよく比較されることが多い『JCBカード W』と、審査の難易度はほとんど同じです。

JCBカード Wの女性用バージョンが、JCBカード W plus Lということですね。

ここまで見てきて、「審査に通過する自信が出てきた!」という方もいるのではないでしょうか。

そんなあなたのために、次の章ではJCBカード W plus Lの申し込み方法を解説しましょう。

JCBカード W plus Lの申し込み方法・流れ

JCBカード W plus Lの申し込み方法・流れオンライン完結だからどこからでも申し込みできる!

JCBカード W plus Lの申し込みは、下記の流れで申し込みを行ないます。

  1. JCBカード W plus L 公式サイト』にアクセスする
  2. カードを申し込む』を押す
  3. 事前確認事項を読んでからカードデザインを選択する
  4. 会員規約・注意事項をよく読んで同意する
  5. 必要事項を正確に入力する
  6. 申込内容の確認をする
  7. 本人確認方法の設定・支払い口座の設定をする
  8. 申し込みを完了すると『受付完了メール』が届く

では、早速細かく解説していきましょう。

手順1~4|『JCBカード W plus L』にアクセスする

まずは、『JCBカード W plus L 公式サイト』にアクセスして、『カードを申し込む』ボタンを押しましょう。

次の画面で、カードデザインと事前確認事項が出てきます。先に事前確認事項を読んでから、カードデザインを選択しましょう。

次に、会員規約や注意事項など重要なことが書かれた画面が出てきます。よくありがちなのが、規約や注意事項をサラ~ッと流して同意してしまうこと。

会員規約にはカードの使い方だけでなく、万が一カードの利用料を滞納した場合のJCBの対応の仕方や、各種手数料の計算方法、ポイントに関する注意事項なども記載してあるのです。

また、あなたの個人情報の取り扱い方も記載してあります。このような重要事項をしっかり読んでおかないと、後に困ることがでてくるかもしれません。

会員規約・注意事項は、必ず読んでから同意しましょう。

手順5~6|必要事項を正確に入力する

規約や注意事項に同意すると、あなたの個人情報を入力する画面がでてくるので、間違いがないように注意しながら入力しましょう。

このとき、審査に通過するために嘘の情報を入力しないでください。

ちょっと下駄履くくらいはいいかな」なんて軽い気持ちで申告すると、審査の時点で虚偽の情報であることがわかり、審査に通過しない可能性があります。

情報は、正確に入力しましょう。次の画面で、申込内容を確認します。もし入力ミスがあれば、この時点で修正ができるので、必ず見直してください。

手順7|本人確認方法の設定・支払い口座の設定をする

次の画面で、本人確認方法の設定・支払い口座の設定をします。オンライン口座設定をする場合は、金融機関口座の通帳かキャッシュカードを用意しましょう。

郵送で口座設定をする場合は、後日JCBから書類が送られてくるので、必要事項を書類に記入して、本人確認書類を添付して郵送しましょう。

手順7|申し込みを完了すると『受付完了メール』が届く

申し込みが完了すると、登録したメールアドレスにJCBから『受付完了メール』が届きます。

このとき、ドメイン指定を行なっている方はJCBからのメールをブロックしてしまうので、下記のアドレスが受け取れるように設定しましょう。

  • @info.jcb.co.jp
  • @qa.jcb.co.jp
  • @cj.jcb.co.jp

ここまでが、JCBカード W plus Lの申し込み方法とその流れになります。

申し込みの流れはわかったけど、審査に時間がかかっていると心配になる…

審査結果がどの日のうちに届くのならいいのですが、数日たっても審査結果が届かないと、このように心配になりますよね。

そこで次の章では、JCBカード W plus Lの審査からカード発行までの時間についてご説明しましょう。

JCBカード W plus Lの発行までの時間や審査状況を確認する方法

JCBカード W plus Lの発行までの時間や審査状況を確認する方法公式サイトから審査状況をチェックすることが可能!

JCBカード W plus Lは、最短1週間でカードの発行・発送となるので、審査結果は3日から1週間程度でわかります。

ただし、申し込みが殺到する時期やキャンペーン中、年末年始や天候による交通状況などで、審査結果が出るまでの時間が長かったり、カードの到着が遅れることがあります。

この点は了承しておきましょう。では、どのようにして審査結果が届くのかを解説しましょう。

JCBカード W plus Lの審査結果は登録したメールアドレスに届く

審査結果は、申し込みのときに登録したメールアドレスに届きます。

受付完了メールと同じように、下記のドメインで結果が届くので、ドメイン設定をまだ行っていない方は、早めに登録しておくか、ドメイン指定を解除しておきましょう。

  • @info.jcb.co.jp
  • @qa.jcb.co.jp
  • @cj.jcb.co.jp

もし、審査結果が1週間以上たっても届かなかったら、どうすればいい?

このように、万が一1週間以上経過しても審査結果が届かなかったら、本当に申込できたかどうかが心配になりますよね。

そこで今度は、審査状況の確認方法をご紹介しましょう。

JCBカード W plus Lの審査状況確認方法

JCBカード W plus Lの審査結果が届かなかったり、どうしても審査状況が気になる人のために、JCBでは審査状況を確認するシステムを用意しています。

こういったきめ細やかなサービスは、さすがJCBといったところですね。審査状況の確認の流れを、下記にまとめましょう。

  1. JCBカード公式サイト 入会メッセージボックス』にアクセスする
  2. 入会受付番号または照会番号を入力する
  3. 判定状況確認用キーワードを入力する

入会受付番号または照会番号は、受付完了メールに記載してある16ケタの数字のことです。

判定状況確認用キーワードは、申し込みのときにあなたが設定した半角英数字・記号の8から20ケタのキーワードのことです。

JCBカード W plus Lの判定状況のステータスを、下記の表にまとめました。

No. 入会メッセージボックス件名 入会判定状況ステータス
1 カード入会受付完了のご案内 入会判定中
2 【お手続きが完了していません】
お客様情報確認のお願い
入会判定中
(確認事項あり)
3 カード入会判定結果のお知らせ 入会判定完了
4 発送手続き完了のお知らせ 発送準備完了

No.2が表示されている場合、申込内容や必要書類の確認が必要なので、JCBからの連絡を待ちましょう。

No.4の表示が出ていれば、審査に通過していてJCBカード W plus Lが自宅に届けられるということです。

もし「キーワードを忘れてしまった」「受付番号がわからない」といった場合は、JCBに問い合わせても番号やキーワードを教えてもらえないので、審査結果メールが届くまで待つか、下記の番号に電話をして確認しましょう。

JCB入会ご案内専用ダイヤル
  • フリーダイヤル:0120-015-870
  • スマートフォン・携帯電話の方:0570-015-870(有料)
  • 受付時間:午前9時から午後5時まで
  • 休日:日曜日・祝祭日・年末年始休

JCBカード W plus Lの審査落ちしないためのチェックポイント

審査落ちしないためのチェックポイントチェックポイントを押さえて審査に通る確率を上げよう!

JCBカード W plus Lに申し込むからには、審査にはどうしても通過したいですよね。

そのためには、申し込み前に審査落ちを防ぐためのチェックポイントを知っておくことが大事です。

そこで、どのようなことに注意すればいいのか、チェックポイントを下記にまとめました。

  • 申し込み資格・条件をクリアしているか
  • 申し込み内容が正確か・入力ミスはないか
  • 総与信額(支払可能見込額)を超えてはいないか
  • JCBカード W plus Lを申し込む前に他社のカードに申し込みをしていないか
  • 直近5年以内に金融事故を起こしていないか
  • クレジットヒストリーは良好か

もしかしたら、聞いたことがない項目があるかもしれませんね。そこで今度は、チェックポイントをもっとわかりやすく解説しましょう。

\ポイント高還元!/
» 公式サイトで詳しく見る

JCBカード W plus Lの申し込み資格・条件をクリアしているか

JCBカード W plus Lの申し込みをするためには、申し込み資格と申し込み条件をクリアする必要がありましたね。

もう一度、申し込み資格・条件を下記にまとめましょう。

詳細
申し込み資格 ・満18歳以上39歳以下(高校生不可)
・本人または配偶者に安定継続収入のある方
申し込み条件 ・未成年は、親権者の同意が必要
・本人名義の金融機関口座があること
・本人確認書類が用意できること

上記をすべて満たしていないと、いくら年収が高くても審査に通過することはできません。

申し込み前に、あなた名義の金融機関の口座があるかどうか、本人確認書類は用意できるかなど、今一度確認しておきましょう。

JCBカード W plus Lの申し込みの内容は正しいか・入力ミスはないか

JCBカード W plus Lの申し込み方法の章でもお伝えしましたが、申込内容に間違いがあると、審査に通過できないかもしれません。

まさか、ちょっとした入力ミスで審査落ちするなんて…

このような事態を避けるためにも、申し込みを完了させる前に入力内容をしっかり確認しましょう。

もちろん、虚偽の内容を申告することもいけません。

後の項目でも解説しますが、あなたの個人情報や信用情報は、個人信用情報機関が管理しているので、虚偽の申告をしたことは絶対にバレます。

申し込みに必要な内容・情報は、正確に申告しましょう。

支払可能見込額(総与信額)を超えていないか

支払可能見込額(総与信額)』って何?

という方が、多いのではないでしょうか。

支払可能見込額とは、クレジットカードの申し込み・各種ローンを組む際、カード会社やローン会社が貸し付けられる金額は総額でいくらになるか、どの程度返済が可能かを計算した金額のことです。

支払可能見込額は、割賦販売法によって下記のように計算して決めます。

包括支払可能見込額の調査が行われるようになり、原則として、支払可能見込額に0.9(経済産業大臣が告示した率)を乗じた金額を超える利用可能枠を設定するクレジットカードの新規発行、更新、増枠ができなくなります。

包括支払可能見込額の調査が行われるようになり、原則として、支払可能見込額に0.9(経済産業大臣が告示した率)を乗じた金額を超える利用可能枠を設定するクレジットカードの新規発行、更新、増枠ができなくなります。

【支払可能見込額の計算式(原則)】
支払可能見込額=(年収等-生活維持費-クレジット債務)×0.9

引用:JCCA(日本クレジットカード協会) 割賦販売法の改正について

上記の計算式に則って計算をした結果、支払可能見込額が10万円を切っていると、審査に通過することが難しくなります。

では、どのように計算するのか、例を挙げて解説しましょう。

支払可能見込額の計算方法(例)

例えば、年収が300万円で生活維持費が209万円、クレジット債務が50万円だったとしましょう。

上記の計算式に当てはめると、下記のように計算できます。

  • 300万円-209万円-50万円=41万円
  • 41万円×0.9=36.9万円 ←【支払可能見込額】

支払可能見込額は、369,000円になりました。

この金額がJCBカード W plus Lのカード利用可能枠になるのではなく、この金額の中からあなたに貸し付けることができる金額をJCBが審査します。

つまり、JCBカード W plus Lの利用可能枠が30万円になるかもしれないし、10万円になるかもしれないのです。

クレジットカードを複数枚所持している方、借入金がある方は、上記の計算式を使って計算してみるといいでしょう。

ちなみに、『生活維持費』は地域により違いはありますが、『JCCA(日本クレジットカード協会) 割賦販売法の改正について』に生活維持費の一覧表があるので、参考にしてくださいね。

JCBカード W plus Lを申し込む前に他社のカードに申し込みをしていないか

クレジットカードの審査に通過するかどうかは、実際に申し込んで結果がこないとわかりませんよね。

そこで、「落ちたときのために、他のカードも申し込んでおこう」と考える方もいることでしょう。

しかし、それは『クレジットカードの多重申し込み』といい、審査に通過しない原因のひとつになります。

その理由はとっても簡単。

クレジットカードは、1枚あれば商品の購入もその他の支払いもできるので、1枚でも持っていれば事足りますよね。

それなのに、短期間(半年)以内に多数のカードに申し込みをすると、その事実がカード会社にわかり、「犯罪がらみなのではないか」と不信を買ってしまいます。

どこの会社のカードに申し込みをしたかは、個人信用情報機関が保有する情報開示の痕跡を見ればわかります。

もしJCBカード W plus Lを申し込む前に他社のクレジットカードに申し込んだのなら、最低半年おいてから、JCBカード W plus Lを申し込むといいでしょう。

直近5年以内に金融事故を起こしたことがあった

あなたは、過去5年以内に下記の金融事故を起こしていないでしょうか。

  • クレジットカード・その他借入金の延滞・滞納・遅延
  • クレジットカードの強制解約
  • 携帯電話の支払いの滞納・遅延など
  • 貸与型奨学金の滞納・遅延など
  • 債務整理(任意整理・自己破産・個人再生)
  • 借入金完済前の過払い金請求 など

金融事故を起こしていると、JCBカード W plus Lの審査に通過できないかもしれません。

なぜかというと、こういった金融事故の情報は、各個人信用情報機関が5年間保有しているからです。

文章であれこれ説明してもわかりにくいので、下記に審査落ちまでの流れをまとめましょう。

  • 何かしらで金融事故を起こす
  • JCBカード W plus Lに申し込みをする
  • JCBがCIC・JICCに個人情報の開示依頼をする
  • 過去5年以内の金融事故情報が載っている
  • 返済能力がないとみなされ、審査に通過できない可能性あり

金融事故を起こしたことがある方は、下記の個人信用情報機関にあなたの情報の開示依頼をして、チェックしてみるといいでしょう。

JCBはCICとJICCに加盟していますが、CIC・JICCはKSCと連携をしているので、KSCに金融事故情報が載っていれば、CICやJICCにもわかるようになっています。

それでも、どうしてもJCBカード W plus Lが欲しい!

という方は、金融事故から5年以上経ってから申し込みをするといいでしょう。

クレジットヒストリーは良好か

クレジットヒストリーとは、今までにあなたがどのようにクレジットカードを使ってきたか、その利用履歴のことで、略して『クレヒス』といいます。

では、クレヒスが良好な状態とはどのようなことをいうのか、わかりやすく下記の表にまとめましょう。

クレヒス 状態
良好 ・カードをよく使っている
・引き落とし日に返済できている など
良好とはいえない ・カードをほとんど使っていない
・カードの利用料を滞納することがある
・強制解約になったことがある など

金融事故とちょっと似ていると感じるかもしれませんが、クレヒスはクレジットカードを使いこなしているかどうかも含むため、金融事故を起こしていなくてもカードを全く使っていなければ、クレヒスは良好とは言えません。

JCBカード W plus Lの申し込みをする前に、今自分が持っているカードをよく使いこなして、しっかり返済し、クレヒスを良好に保ちましょう。

また、クレジットカードを一度も持ったことがない、借入をしたことがない方を『スーパーホワイト』と呼び、こちらの方も審査に通過しにくくなります。

といっても、若い方ならJCBカード W plus Lが初めてのカードでもおかしくはないので、審査に通過する可能性はあります。

ちょっと危ういのは、30代以上の方。もしあなたにクレヒスがないようなら、下記の方法でクレヒスを作り上げておくといいでしょう。

  • 携帯電話・スマートフォンの本体を分割にする
  • 通信販売や通信教育などの代金を分割にする など

美しいクレヒスを作るためにも、返済日にはしっかり支払いを行なってくださいね。

JCBカード W plus Lの審査まとめ

JCBカード W plus L2

JCBカード W plus Lの審査の難易度が、思っていたよりも低いと感じた方が多いのではないでしょうか。

満18歳から39歳までの方限定のカードですから、若い今のうちに入会しておき、ポイントをどんどん貯めてお得なクレジットライフを送りたいですよね。

しかし、申し込み資格や条件を満たしていれば、誰でも入会できるわけではありません。

JCBカード W plus Lの申し込み前に、審査に通過するためのチェックポイントを今一度確認して、万全の態勢で審査に挑みましょう。

見事審査に通過してJCBカード W plus Lを手に入れたら、特典を存分に活用して、あなたらしい生き方を見つけたいですね。

\ポイント高還元!/
» 公式サイトで詳しく見る

ABOUT ME
みお|クレジットカード専門家
クレジットカード専門家のみおです♪【クレジットカード審査ドットコム】のSNS広報活動もしています!所持カード⇒マリオットボンヴォイアメックス・プレミア/雨金/ANA雨金/楽天プレミアム/ライフゴールド/イオンゴールド/PayPayカード等。Twitterでは不定期で楽天・アマギフプレゼントキャンペーン開催しているのでぜひフォローしてください♪