一般カードの審査

ブラックもOK?ライフカード(デポジット型)の審査難易度や突破方法を解説

ライフカード(デポジット型)の審査は厳しい?

ライフカード(デポジット型)の審査を突破するためのポイントは?

現時点でライフカード(デポジット型)に関心をお持ちのあなたであれば、ライフカード(デポジット型)の審査難易度や、審査を突破する上でのポイントが気になっていることでしょう。

結論から言うと、ライフカード(デポジット型)の審査はかなり易しいと言えます。

さすがに100%とは断言できませんが、デポジットさえきちんと支払えば、まず間違いなくライフカード(デポジット型)の審査を突破できるでしょう。

当記事では、ライフカード(デポジット型)の審査に関する情報に加え、ライフカード(デポジット型)の申し込み方法や審査にかかる時間、ライフカード(デポジット型)の審査に落ちないためのチェックポイントなど、様々な角度から解説を進めていきたいと思います。

あなたもぜひ、慌ててライフカード(デポジット型)を作成してしまう前に、以下の内容に目を通してみてくださいね。

ブラックもOK?ライフカードデポジット型の審査難易度や突破方法を解説クレジットカード最後の砦!

\デザインも通常カードと同じで安心!/
» 公式サイトで詳しく見る

ブラックでも通る?ライフカード(デポジット型)の審査は甘い?

ライフカード
基本還元率 0.5%~
初年度:0.75%~
誕生月:1.5%~
年会費 5,500円(税込)
国際ブランド MasterCard
ETCカード デポジット50,000円:発行不可
デポジット100,000円:無料
家族カード なし

» カードの特典を見る

ライフカード(デポジット型)はその名の通り、デポジット(保証金)を預けることで作成できるクレジットカードです。

以前は100,000円のデポジットを預けることで作成できましたが、現在では以下の通り、デポジットの金額を選択することができます。

  • 50,000円:ETCカードが作成できない
  • 100,000円:年会費無料のETCカードが作成できる

さて、そんなライフカード(デポジット型)の審査ですが、デポジットをきちんと預ける限り、審査落ちする確率はかなり低いと考えておいて良いでしょう。

デポジットのお金はカード受け取り時に代引きで年会費と共に支払う必要があります。準備ができていなかった場合はカードの受け取りができないので注意しましょう。

ライフカード(デポジット型)の利用限度額はデポジット額に準ずる

ライフカード(デポジット型)の利用限度額はデポジット額に準じます。

つまり、あなたが50,000円のデポジットを預けた場合の利用限度額は50,000円で、あなたが100,000円預けた場合の利用限度額は100,000円に設定されるというわけです。

ライフカード(デポジット型)の利用限度額
  • デポジットが50,000円:利用限度額も50,000円
  • デポジットが100,000円:利用限度額も100,000円

したがって、あなたがライフカード(デポジット型)をよりのびのびと利用したいのであれば、デポジットの金額は100,000円を選択しておくと良いでしょう。

ライフカード(デポジット型)のカードデザインは通常のライフカードと同じ

ライフカード(デポジット型)が気になっているけど、さすがに周囲にバレるのは嫌だ!

と思われているあなたに朗報なのが、ライフカード(デポジット型)のカードデザインは、通常のライフカードと同じだということです。

つまり、あなたが口を開かない限り、あなたがライフカード(デポジット型)を利用していることが周囲に知られる心配はありません。

  • ライフカード(デポジット型)のカードデザインは通常のライフカードと同じ
  • あなたが口を開かない限り、あなたがライフカード(デポジット型)を利用していることが周囲に知られる心配はない

うわぁ、ライフカードさん、気が利く!

と思われたのではないでしょうか。ぜひ周囲の目を気にせず、ライフカード(デポジット型)を活用してくださいね。

\デザインも通常カードと同じで安心!/
» 公式サイトで詳しく見る

審査の前に!ライフカード(デポジット型)の申し込み対象者・条件・資格

審査の前に!ライフカード(デポジット型)の申し込み対象者・条件・資格申し込み対象者をチェック!

ライフカード(デポジット型)の申し込み条件は以下の通りです。

  • 日本国内にお住いの20歳以上で、電話連絡が可能な方
  • 50,000円もしくは100,000円のデポジットが預けられる方

ご覧の通り、20歳以上であれば、あとはデポジットを用意できるかどうかがポイントですね。

デポジットはちゃんと返ってくるの?

と心配になっている方もいるかもしれませんが、ライフカード(デポジット型)を退会し、未入金の利用明細などが存在しないことが確認されれば、預けていたデポジットはきちんと返還されますよ(返還されるタイミングは退会日より2ヵ月後が目安)。

ライフカード(デポジット型)のデポジットはカード受け取り時に年会費と共に現金で支払う

ライフカード(デポジット型)への入会をお考えのあなたに覚えておいていただきたいのは、以下の2つの注意点です。

  • ライフカード(デポジット型)のデポジットはカード受け取り時に年会費と共に支払う
  • 支払いは必ず現金でなければならない

えー!デポジットはクレジット決済で支払えないの?

と頭を抱えているかもしれませんが、デポジットおよび初年度の年会費は現金で支払うというルールがあります。

  • 50,000円のデポジットの場合:55,000円をカード受け取り時に現金で支払う
  • 100,000円のデポジットの場合:105,000円をカード受け取り時に現金で支払う

なかなか他のクレジットカードでは見られない事例ですが、ライフカード(デポジット型)の作成手続きを進めるのであれば、デポジット+年会費を現金で用意しておきましょう。

\審査に不安な方の最後の砦!/
» 公式サイトを詳しく見る

ライフカード(デポジット型)の審査難易度や審査にかかる時間

ライフカード(デポジット型)の審査難易度や審査にかかる時間審査難易度は気にすることなく申込みを!

冒頭でもお伝えしていますが、ここで改めて、ライフカード(デポジット型)の審査難易度について深掘りしていくとともに、ライフカード(デポジット型)の審査にかかる時間についても、以下の項目を挙げながら解説していきたいと思います。

  • ライフカード(デポジット型)の審査難易度はかなり低い
  • ライフカード(デポジット型)は申し込みから最短3営業日で発行される

クレジットカードの審査に困っているあなたにとっては、きっと勇気付けられる内容かと思います。

早速、それぞれの内容について詳しく見ていきましょう。

ちなみに通常のライフカードの審査については『ライフカードの審査に通過するため方法を解説!ライフカードで審査落ちしない為のチェックポイント』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

ライフカード(デポジット型)の審査難易度はかなり低い

ライフカード(デポジット型)の審査難易度はかなり低いと言えます。

その理由としてはまず、ライフカード(デポジット型)が流通系のクレジットカードに分類されていることが挙げられます。

あなたもご存知かもしれませんが、クレジットカードには以下のような系統が存在し、それぞれの分類で審査難易度が異なります。

  • 外資系
  • 銀行系
  • 信販系
  • 流通系
  • 消費者金融系

たとえば、上記の中でも最も審査難易度が高いとされるのが銀行系であり、逆に審査難易度が低いのが消費者金融系です。

え、じゃあライフカード(デポジット型)よりも消費者金融系のクレジットカードを狙った方が審査を突破できる確率は高いの?

と思われるかもしれませんが、ライフカード(デポジット型)は通常のライフカードとは異なり、クレジットカードの審査に突破できずに困っている人向けに作られた救済措置的なカードになります。

そもそも、デポジットを預けることで限度額が決まっており、ライフカードが損をする確率はゼロなので審査落ちする心配はそこまでしなくて大丈夫と言えます。

そのため、実際のところはほとんど、審査難易度を気にする必要がないと言えるでしょう。

ライフカード(デポジット型)は申し込みから最短3営業日で発行される

ライフカード(デポジット型)の受け取りまでにはどれくらいの時間がかかるの?

この質問に対する回答を得るためのヒントは、『公式ホームページ』上に記載されている次のQ&Aです。

Q:カードはいつごろ届きますか?

A:インターネットで特定の金融機関をお支払口座にご指定いただきますと、お申込みから最短3営業日でカードを発行いたします。

(お手元に届く日にちは郵便事情によります)

つまり、ライフカード(デポジット型)は審査がスムーズに進めば、申し込みから約1週間程度で手元に届くと考えて良いでしょう。

できるだけ急ぎでクレジットカードを入手したい方にとって、ライフカード(デポジット型)が発行されるまでのスピード感はありがたいですね。

デポジットなしの年会費有料ライフカード(チャレンジ)もあるが通過率は高くない

ライフカード
基本還元率 0.5%
初年度:0.75%
年会費 5,500円(税込)
国際ブランド MasterCard
ETCカード 無料
家族カード 無料

デポジットが返還されることは理解しているけど、やっぱり少し抵抗がある!

そもそもデポジットを支払う余裕がない!

このように思われている方は、デポジットなしの年会費有料のライフカードにチャレンジしてみるという選択肢もあります。

ただし、当記事をご覧になっているということは、おそらくあなたはクレジットカードの審査で不利になる何らかの要素を持っているのでしょう。

通常のライフカードの審査に落ちた人にDMやメールで届くこともあるライフカード(チャレンジ型)ですが、実際にはあまり審査に通った人は多くありません…。

したがって、決して審査を突破できる可能性は高くないことを念頭に置いた上で、年会費有料ライフカードの審査に臨んでみてください。

限度額を高くしたい方はライフカードゴールド(デポジット)を申し込もう!

ライフカードゴールド
基本還元率 0.5%~
初年度:0.75%
誕生付き:1.5%~
年会費 11,000円(税込)
22,000円(税込)
※デポジット額による
国際ブランド MasterCard
ETCカード 無料
家族カード なし

デポジットは気にならないけど、利用限度額を拡大したい!

せっかくライフカードを作るなら、ゴールドランクのカードが欲しい!

このようにお考えのあなたには、ライフカードゴールド(デポジット)がおすすめです。

ライフカードゴールド(デポジット)の利用限度額は以下の通り、あなたが預けるデポジット額と同額が設定されます。

ライフカードゴールド(デポジット)
年会費 11,000円(税込) 22,000円(税込)
デポジット 20万円~90万円 100万円~190万円
利用限度額 20万円~90万円 100万円~190万円

ご覧の通り、デポジットが100万円を超えると、年会費も22,000円(税込)に上がる点には注意が必要です。

\審査に不安でも枠が欲しい方へ!/
» 公式サイトを詳しく見る

ライフカード(デポジット型)の審査状況を確認する方法

ライフカード(デポジット型)の審査状況を確認する方法いくら審査難易度が低いといっても、ライフカード(デポジット型)の審査結果がなかなか届かなかったら不安になってしまいますよね。

ライフカード(デポジット型)の審査状況は、『審査状況照会ページ』で確認することができます。必要な情報は受付番号と生年月日のみです。

え!そんなに簡単に確認できるの?

と思われたかもしれませんね。

ちなみに受付番号は、ライフカード(デポジット型)の申し込み手続きを完了した後に送られてくる申込完了通知メールに記載があります。

申込完了通知メールだからといって、ゴミ箱に捨ててしまわないように注意しましょう。

ライフカード(デポジット型)の審査結果はメールで通知される

ライフカード(デポジット型)の審査結果はどんなふうに通知されるの?

こちらの質問に対する回答ですが、ライフカード(デポジット型)の審査結果はメールで通知されます。

また、前述した通り、ライフカード(デポジット型)は申し込みから最短3営業日で発行されますので、審査がスムーズに進めば、ライフカード(デポジット型)の申し込みから数日以内には審査結果メールが届くでしょう。

  • ライフカード(デポジット型)の審査結果はメールで通知される
  • 審査がスムーズに進めば、ライフカード(デポジット型)の申し込みから数日以内に審査結果メールが届く

一度でもライフカード株式会社からメールが届いていれば問題ないですが、念のため『lifecard.co.jp』のドメインを受信できる状態かどうかをチェックしておくと安心ですね。

ライフカード(デポジット型)の審査に落ちないためのチェックポイント

ライフカード(デポジット型)の審査に落ちないためのチェックポイント該当するものを一つでも減らして申込みをしよう!

審査は厳しくないことは分かっていても、審査を突破できる可能性を限りなく100%に近付けておきたい!

あなたもきっと、このような思いを抱えているのではないでしょうか。

そこでここでは、ライフカード(デポジット型)の審査に落ちないためのチェックポイントについて、以下の項目を挙げながら解説していきたいと思います。

  • クレジットカードの多重申し込みをしない
  • ライフカード(デポジット型)の申し込みの際に、虚偽の申請をしない
  • 他社からの借入額や借入件数を限りなくゼロに近づけておく
  • デポジット+年会費分の現金を手元に用意しておく

最後の項目は、ライフカード(デポジット型)ならではの内容ですね。早速、それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

クレジットカードの多重申し込みをしない

ライフカード(デポジット型)の申し込みを視野に入れているあなたなら、クレジットカードの多重申し込みに引っかかることはおそらくないと思いますが、今後の為にも、クレジットカード会社が多重申し込みを嫌うことは覚えておきましょう。

申込者からすると何でもないことかもしれませんが、多重申し込みはクレジットカード会社からすると、申込者に対して「相当お金の工面に困っている状況なのでは?」といった印象を抱いてしまうものなのです。

どうすれば多重申し込みを避けられるの?

という疑問が生じるのは当然の流れですが、複数のクレジットカードを同時期に申し込みする際は、合計で二枚までにおさえておくことがポイントです。

ちなみに、仮にあなたがクレジットカードの多重申し込みに引っかかった場合は、申し込みブラックと見なされてしまい、その時点から半年間はありとあらゆる審査に突破できなくなる可能性が高くなるため、注意が必要です。

  • クレジットカード会社は多重申し込みを好まない
  • 多重申し込みを避けるポイントは、複数のクレジットカードを同時期に申し込みする際は、合計で二枚までにおさえておくこと
  • 多重申し込みで申し込みブラックになってしまうと、その先半年間はありとあらゆる審査に落ちる可能性が高くなる

万が一、あなたがライフカード(デポジット型)の他にエントリーしようと考えているクレジットカードがあるなら、多重申し込みには気をつけてくださいね。

多重申込みについては『クレジットカードの多重申込みとは?申込時に気をつけたい期間や件数を解説!』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

ライフカード(デポジット型)の申し込みの際に、虚偽の申請をしない

いくら審査難易度が低いライフカード(デポジット型)といえど、さすがに虚偽の申請はマズイことはご理解いただけることでしょう。

あなたはまさか、年収や他社からの借入状況などの数値を上方修正して申請しようと考えてはいませんよね。

ギクリ!

と思われた方はぜひ耳を傾けていただきたいのですが、クレジットカード会社はあなたの信用情報をいとも簡単に開示できます。

つまり、たとえあなたが年収や他社からの借入状況などを誤魔化したとしても、それは全く意味をなさないどころか、むしろあなたの信用を底辺まで落としてしまうだけなのです。

  • クレジットカード会社はあなたの信用情報をいとも簡単に開示できる
  • 虚偽の申請は無意味どころかむしろ、あなたの信用情報を著しく落としてしまう

以上を踏まえれば、ライフカード(デポジット型)の申し込みの際には、現状をありのままに申請することが重要だということにお気づきいただけるのではないでしょうか。

参考» クレジットカードの審査申し込みで借り入れ額に嘘を記載してもバレる理由

他社からの借入額や借入件数を限りなくゼロに近づけておく

ライフカード(デポジット型)の審査難易度は低く、かつライフカード(デポジット型)の利用限度額はデポジットの範囲内とされているため、他社からの借入額が多少あってもおそらく問題はないですが、念のため借入状況を整理しておくに越したことはありません。

ここはぜひ、視野を広げて物事を考えていただきたいのですが、他社からの借入額や借入件数を整理することは、ライフカード(デポジット型)の審査の為だけでなく、今後あなたが様々な審査を突破する上でも重要なことです。

  • 他社からの借入額が多少あっても、おそらくライフカード(デポジット型)の審査に影響はないが、念のため借入状況を整理しておくに越したことはない
  • 他社からの借入額や借入件数を整理することは、ライフカード(デポジット型)の審査のためだけでなく、今後あなたが様々な審査を突破する上でも重要

以上を踏まえると、ライフカード(デポジット型)の審査のためにも、そして今後訪れるであろう様々な審査をスムーズに突破するためにも、ぜひ今一度お金の管理を徹底していただき、他社からの借入額や借入件数を限りなくゼロに近づけられるように努めてください。

デポジット+年会費分の現金を手元に用意しておく

すでにお伝えした通り、ライフカード(デポジット型)を受け取る際には、デポジット+年会費分の現金を手元に用意しておく必要があります。

せっかくライフカード(デポジット型)の審査を突破したとしても、デポジット+年会費分の現金を用意できなければ、泣く泣くライフカード(デポジット型)を見送ることになってしまう点には注意が必要です。

ライフカード(デポジット型)を受け取る際に必要な現金は最低55,000円です。

利用限度額を高めたい場合、もしくはETCカードを利用したい場合は、105,000円を手元に用意しておきましょう。

ライフカード
(デポジット型)
年会費 5,500円 5,500円
デポジット 50,000円 100,000円
カード受け取り時に必要な現金 55,500円 105,500円
利用限度額 50,000円 100,000円
ETCカード 発行不可 年会費無料で発行可能

残念ながらライフカード(デポジット型)のデポジットおよび初年度の年会費については、クレジット決済や口座振替をすることができません。

したがって、ライフカード(デポジット型)を作成するのであれば、デポジット+年会費分の現金を用意することがスタートラインと言えますね。

ライフカード(デポジット型)の審査に挑戦してみよう!

ライフカードここまでの内容をご覧いただいたのであれば、ライフカード(デポジット型)の審査について、随分と理解が深まったのではないでしょうか。

ここで改めて、当記事のポイントとなる部分について振り返りをしておきたいと思います。

  • ライフカード(デポジット型)の審査は厳しくない
  • ライフカード(デポジット型)はその名の通り、デポジットを預けることで発行できるクレジットカード
  • ライフカード(デポジット型)の申し込み対象は20歳以上の方
  • ライフカード(デポジット型)の審査状況はオンラインで確認できる
  • ライフカード(デポジット型)の審査結果はメールで通知される
  • ライフカード(デポジット型)の審査に落ちない為には、クレジットカードの多重申し込みや虚偽の申請、他社からの借入額などに気をつける
  • ライフカード(デポジット型)を受け取る際には、デポジット+年会費分の現金が必要

ライフカード(デポジット型)は、仮にあなたの信用情報に傷がついていたとしても、デポジット+年会費分の現金を手元に用意できれば、ほぼ確実に入手できるクレジットカードです。

ぜひあなたも当記事の内容を参考にしていただき、自信を持ってライフカード(デポジット型)の申し込み手続きを進めてみてくださいね。

\審査に不安な方の最後の砦!/
» 公式サイトを詳しく見る

ABOUT ME
みお|クレジットカード専門家
クレジットカード専門家のみおです♪【クレジットカード審査ドットコム】のSNS広報活動もしています!所持カード⇒SPG/雨金/ANA雨金/楽天プレミアム/ライフゴールド/イオンゴールド/ヤフー等。Twitterでは不定期で楽天・アマギフプレゼントキャンペーン開催しているのでぜひフォローしてください♪