法人カードの審査

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査基準や難易度を解説|個人事業主でも発行可能?!

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査は厳しい?

経営が不安定な個人事業主でも三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックを発行できる?

この記事に辿り着いた方ならおそらく、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査難易度について気になっていることでしょう。

銀行系の三井住友カードから発行されている三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査は厳しそうですが、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックが一般カードであることや、年会費の安さを踏まえると、審査はそこまで厳しくないと考えられるでしょう。

当記事では、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査について様々な角度から詳しく解説を進めていきたいと思います。

ちなみに、記事の後半では審査に自信のある方に向けて、三井住友ビジネスカードfor Ownersゴールドの詳細についても記載しています。

ぜひ以下の内容をご覧いただき、あなたのニーズに合ったビジネスカードの審査攻略に役立ててください。

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシック

\今なら入会特典付き!/
» 公式サイトで詳しく見る

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査は厳しい?甘い?

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシック
基本還元率 0.5%~
年会費 初年度:無料
2年目以降:1,375円(税込)
※条件クリアで無料
国際ブランド VISA/MasterCard
ETCカード 無料
追加カード 440円(税込)

» カードの特典を見る

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックは初年度無料で保有でき、2年目以降も以下の条件を満たせば年会費を軽減できる経営者向けの一枚です。

  • WEB明細の利用で翌年の年会費が550円(税込)オフ
  • マイ・ペイすリボ』に登録し、年1回リボ手数料が発生すると翌年の年会費無料

初めて経営者向けのクレジットカードを発行する方や、とにかくランニングコストを抑えたい方にとって、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックは実にありがたい一枚ですね。

さて、そんな三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査は一見厳しそうですが、年会費やカードのランクを踏まえると、そこまで構える必要もないでしょう。

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの利用限度額

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの会員は、最大150万円の利用限度額を享受できます。

もちろん、あなたもご存知の通り、クレジットカードの利用限度額は人それぞれであり、申込者の状況に応じて柔軟に設定される仕様です。

したがって、想定よりも低い利用限度額からスタートを切る可能性もあります。

もしもあなたが三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの利用限度額を拡大したいのであれば、様々なシーンで三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックを積極的に利用し、カード会社からの信頼を勝ち取ると良いでしょう。

  • 三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの利用限度額は最大150万円
  • 三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの利用限度額は申込者の状況に応じて柔軟に設定される
  • 三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの利用限度額の拡大には、カード会社の信頼を獲得することが重要

言うまでもありませんが、たとえ三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの利用額や利用頻度が高くても、毎月の支払いに遅れてしまっては本末転倒です。

クレジットカードの『クレジット』は信頼を意味することを肝に命じていただき、カード会社からの信頼を損なう行為にはくれぐれも注意しましょう。

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの発行/審査会社

クレジットカードの名称からも分かる通り、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの発行/審査会社は三井住友カードです。

うわ!銀行系のカードだったら審査が厳しそう!

と思われる方もいることでしょう。

確かにおっしゃる通り、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックは銀行系のクレジットカードに分類されるため、信販系や流通系に分類されるビジネスカードと比較すると、審査は厳格に行われます。

ただし、年会費やカードのランクなどの要素を考慮に入れると、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査はそこまで厳しいわけではありません。

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査の詳細については、『三井住友ビジネスカードfor Ownersの審査・難易度』の項でさらに詳しく深掘りしていきますね。

審査の前にチェック!三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの申し込み資格・条件

審査の前にチェック!三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの申し込み資格・条件20歳以上の経営者・個人事業主ならOK!

あなたは三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの申し込み資格を正しく把握しているでしょうか。

どれだけ魅力的なクレジットカードでも、そもそも申込み資格や条件をクリアしていなければ、スタートラインにすら立てませんよね。

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックは、満20歳以上の会社経営者(中小企業代表者もしくは個人事業者)の方が発行できます。

つまり、たとえ経営者の立場であっても、未成年の方は残念ながら三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックにエントリーできません。

  • 三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの対象者は満20歳以上の会社経営者
  • 未成年は三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックにエントリーできない

現時点で未成年の方は、三井住友カードなどの未成年でも発行できるクレジットカードで実績をコツコツと積んでおけば、20歳を迎えた際に、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査がずいぶんと攻略しやすくなりますよ。

\今なら入会特典付き!/
» 公式サイトで詳しく見る

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの申込みに必要な書類

ビジネスカードの審査に必要な書類って、なんだか複雑そう!

と顔をしかめている方もいるかもしれませんが、必要書類に関しては安心してください。

なんと三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックは経営者向けのクレジットカードであるにもかかわらず、登記簿謄本や決算書といった書類を必要としません。

みお
みお
三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックは、法人等の業績とかではなく、個人の信用情報を元に審査するってことになります!

つまり三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの申込みに必要な書類は以下の2点のみです。

  • 本人確認書類
  • 口座情報

ちなみに必要な口座は法人代表と個人事業主で異なります。

  • 法人代表者の方:法人口座、もしくは申込者の個人名義口座
  • 個人事業主の方:申込者の個人名義口座、もしくは個人事業主(屋号)名口座

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの申込みに登記簿謄本や決算書は求められませんが、口座の種類にだけ気をつけておきましょう。

赤字決算や赤字の申告でも三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックに申込みできる

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックが欲しいけど、正直経営が上手くいってない…

そんな方でも大丈夫。

審査を突破できるかどうかは別として、赤字経営の方でも、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックにエントリーはできます。

実際に、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの申込みフォームに進むと、当期所得見込の欄で、赤字か黒字かの選択肢が用意されています。

赤字申請ができるということはつまり、赤字決算の経営者でも、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックを発行する余地があるというわけですね。

  • 赤字決算や赤字の申告でも三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックに申込みできる
  • 当期所得見込の欄で、赤字か黒字かの選択肢が用意されている

以上を踏まえると、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査に対する心理的ハードルが幾分下がったのではないでしょうか。

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査・難易度

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査・難易度審査は他社と比べると厳格と予想できる

さて、いよいよ当記事のメインテーマに入っていきます。

ここでは三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査について、以下の項目を挙げながら深掘りしていきたいと思います。

  • 三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックは銀行系のビジネスカード
  • 三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックは無料で保有可能なビジネスカード
  • 三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックは一般カード
  • 三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査は厳しくない

クレジットカードの審査難易度を知る上でのヒントは、クレジットカードの系統、年会費、そしてカードのランクです。

それぞれの項目について解説をした上で、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査は厳しくないという結論に導いていきますよ。

\今なら入会特典付き!/
» 公式サイトで詳しく見る

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックは銀行系のビジネスカード

まず最初にクレジットカードの系統について説明します。クレジットカードには以下のような分類があり、各系統ごとで審査難易度が異なります。

  • 外資系
  • 銀行系←ココ!
  • 信販系
  • 流通系
  • 消費者金融系

上記のうち、特に審査が厳しいとされているのが外資系と銀行系で、その他の系統はそこまで審査が厳しいわけではありません。

つまり、銀行系に分類される三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックは、信販系や流通系のビジネスカードと比較すると、審査は厳格に実施されるというわけです。

えー!じゃあ三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査、厳しいじゃん!

とツッコミたくなる気持ちは分かりますが、もう少し辛抱して続きの話を聞いてください。

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックは無料で保有可能なビジネスカード

クレジットカードの年会費と審査難易度は比例の関係にあります。つまり年会費が安ければ安いほど、審査のハードルも低くなるというわけですね。

さて、ここで三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの年会費を思い出してみましょう。

年会費
  • 初年度無料
  • 2年目以降:1,375円(税込)
  • WEB明細の利用で翌年の年会費が550円(税込)オフ
  • マイ・ペイすリボ』に登録し、年1回リボ手数料が発生すると翌年の年会費無料

ご覧の通り、指定された条件さえ満たすことができれば、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックは永年無料で保有可能なビジネスカードなのです。

みお
みお
つまり、銀行系カードではあるものの、カードの審査自体はそこまで気にするほどでもないということ!

したがって、年会費の観点からすると、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックは各種ビジネスカードの中でも、ずいぶんと入会しやすい一枚と言えるでしょう。

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックは一般カード

さらに安心材料を追加します。あなたもご存知の通り、クレジットカードには以下のようなランクが存在します。

言うまでもなく、カードのランクが上がるにつれて、審査も厳しくなります。もうお分かりですよね。

一般カードに分類される三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックは、カードのランクの側面から見ても、審査のハードルは高いわけではないのです。

ちなみに当記事では後ほど、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの上位カードの三井住友ビジネスカードfor Ownersゴールドを紹介しますが、審査に自信のある方はぜひ、三井住友ビジネスカードfor Ownersゴールドの審査にチャレンジしてみてくださいね。

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査は厳しくない

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査難易度についてまとめます。

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査は厳しくないです。

その理由として、以下の2項目を挙げることができます。

  • 三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックは無料で保有可能なビジネスカード
  • 三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックは一般カード

大丈夫。この記事をご覧のあなたもきっと、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックを発行できます。

念のため、当記事最終項で記載している審査落ちしないためのチェックポイントもしっかりと網羅しておいてください。

審査に自信があれば上位カードの三井住友ビジネスカードfor Ownersゴールドの発行も検討しよう!

三井住友ビジネスカードfor Ownersゴールド
基本還元率 0.5%~
年会費 初年度:無料
2年目以降:11,000円(税込)
※条件クリアで割引可能
国際ブランド VISA/MasterCard
ETCカード 無料
追加カード 2,200円(税込)

正直、クレジットカードの審査には自信がある!

ワンランク上のビジネスカードを持ちたい!

このように思われているあなたにおすすめしたいのが上位カードの三井住友ビジネスカードfor Ownersゴールドです。

やはり一般ランクのビジネスカードよりも、ゴールドランクのビジネスカードを持っている方が、周囲から一目置かれやすいですよね。

ちなみに、三井住友ビジネスカードfor Ownersゴールドならではの特典は次の通りです。

こちらも合わせて参考にしてみてください。

  • 利用限度額の上限は300万円
  • ドクターコールで24時間365日プロに健康相談ができる
  • 国内の主要空港ラウンジを利用できる
  • 宿泊予約サイトReluxを優待価格で利用できる
  • Visaゴールドカード優待特典を利用できる
  • 最大5,000万円の国内外の旅行傷害保険が付帯
  • 最大300万円のショッピング補償が付帯

三井住友ビジネスカードfor Ownersゴールドの審査は厳格に実施される

当然ではありますが、一般ランクの三井住友ビジネスカードfor Ownersと比較し、ゴールドランクの三井住友ビジネスカードfor Ownersゴールドの審査は厳格です。

以下、三井住友ビジネスカードfor Ownersゴールドの審査が厳格に実施される理由をまとめておきましょう。

  • 三井住友ビジネスカードfor Ownersゴールドは銀行系のビジネスカード
  • 三井住友ビジネスカードfor Ownersゴールドの年会費は高い
  • 三井住友ビジネスカードfor Ownersゴールドはゴールドランクのビジネスカード

すでに他のゴールドランクのクレジットカードの審査をクリアした経験がある方なら、自信を持って三井住友ビジネスカードfor Ownersゴールドの審査にチャレンジできるでしょう。

一方で、今回初めてゴールドランクのクレジットカードの審査に挑戦する方は、当記事の最終項で示している審査落ちしないためのチェックポイントをしっかりと読み込んでいただき、少しでも審査を突破できる可能性を広げてくださいね。

\ゴールドが欲しい人はこちら/
» 公式サイトで詳しく見る

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの申し込み方法

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの申し込み方法三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックを申込みする心の準備が整った方は、以下の手順で申込み手続きを進めましょう。

  1. 三井住友ビジネスカードfor Ownersの公式ホームページ』にアクセス
  2. クラシック(一般)カードを申し込む』をタップ
  3. 画面の案内にしたがって必要事項を入力して送信
  4. 審査
  5. 三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックが届く

前述した通り、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの申込みの際に登記簿謄本や決算書などの書類は必要ありません。

本人確認書類に加え、口座情報を用意した上で、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックにエントリーしてくださいね。

必要な口座の種類
  • 法人代表者の方:法人口座、もしくは申込者の個人名義口座
  • 個人事業主の方:申込者の個人名義口座、もしくは個人事業主(屋号)名口座

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの発行までの時間や審査状況を確認する方法

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの発行までの時間や審査状況を確認する方法三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックはどれくらいで発行されるの?

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査状況は確認できる?

このような疑問を解決してくれるのが本項の内容です。

ここでは以下の項目に沿って、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの発行までの時間や審査状況を確認する方法について解説したいと思います。

  • 三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックは最短1週間程度で発行できる
  • 三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査状況はオンラインで確認できる
  • 三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査は土日も対象
  • 三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査結果はメールで通知される

急ぎでクレジットカードを発行したい方にとって、最短1週間で発行可能な三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックは実にありがたいビジネスカードですね。

それでは早速、各項目の詳細について深掘りしていきますよ。

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックは最短1週間程度で発行できる

申請内容や必要書類に特に不備がない限り、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックは申し込みから1週間ほどで届きます。

以下、カード発行までの大まかな流れをご覧ください。

  1. 申し込み内容を入力する
  2. オンラインで支払い口座を設定する
  3. 入会審査およびカード発行(ここまで最短3営業日)
  4. あなたのご自宅に三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックが届く(ここまで約1週間)

これだけ審査〜カード発行までの流れがスムーズだと実に気持ちが良いものです。

注意点として、以下のようなケースに該当すると、カード発行までに余計な時間がかかってしまいます。事前に確認しておきましょう。

  • 申請内容や必要書類に不備がある
  • オンラインで口座情報の申請をしなかった
  • 19:30までに申し込み手続きを完了しなかった

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査状況はオンラインで確認できる

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査結果がなかなか来ない!

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査状況をいち早く確認したい!

そんな方は以下の手順で三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査状況を確認してみましょう。

  1. 三井住友カードの『審査状況照会ページ』にアクセスする
  2. 審査状況照会へ』のバナーをタップする
  3. お申込番号、生年月日、電話番号を入力し、『照会する』のバナーをタップする

ネット環境さえ整っていれば、いつでもどこでも三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査状況をチェックできるのは嬉しいですね。

もちろん、上記の手続きで把握できるのは三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査結果が出ているかどうか、そしてその合否のみです。

具体的に『あと○日で審査結果が分かる』といった情報を取得することはできませんので、その点だけ理解しておきましょう。

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査は土日も対象

とにかく急ぎで三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックを発行したい方にとって、土日も審査の対象となるのかどうかは気がかりなところ。

本件に関して、三井住友カードに問い合わせてみたところ、以下のような回答を得ることができました。

土日に関しては、コンピューターによる自動審査は実施されます。ただし、一部の審査は休業とさせていただいております。

自動審査と一部の審査?何それ?

と思われた方に簡単に説明しておきますね。

自動審査はその名の通り、人員作業を伴わず、自動的に進む審査です。一部の審査とは電話確認などをはじめとする、人員作業を伴う審査を指します。

つまり仮に三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの申し込みの際、申請内容や必要書類に不備があった場合は電話による確認作業が発生するため、土日は審査に遅れが生じます。

換言すると、あなたが申請内容や必要書類のケアレスミスに配慮していれば、土日も問題なく三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査は進むというわけですね。

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査結果はメールで通知される

審査結果の通知方法はクレジットカードによって様々ですが、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの場合、審査結果はメールで通知されます。

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックを申し込みする際に申請したメールアドレスをこまめにチェックしておけば、審査結果の通知メールを見落とす心配はないですね。

三井住友カードから届くメールが合格通知か不合格通知か。

まるで受験結果を待つ学生のようでハラハラドキドキしますが、良い結果が出ることを信じてカード会社からの連絡を待ちましょう。

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査落ちしないためのチェックポイント

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査落ちしないためのチェックポイント審査通過の確率をグッと上げるためのポイント

さて、いよいよ当記事も大詰めです。

ここでは以下の項目を挙げながら、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査に落ちないためのチェックポイントを解説していきたいと思います。

  • クレジットカードや携帯料金などで、支払いの遅延を起こさない
  • クレジットカードの多重申し込みをしない
  • 三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの申し込みの際に、虚偽の申請をしない
  • 他社からの借入額や借入件数を限りなくゼロに近づけておく

ご覧の通り、今からでも実践できる内容があります。

ぜひ以下の内容を漏れなく把握していただき、最大限の準備を整えた上で、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査にチャレンジしてくださいね。

\今なら入会特典付き!/
» 公式サイトで詳しく見る

クレジットカードや携帯料金などで、支払いの遅延を起こさない

あなたはまさか、以下のような支払いをルーズにしていないでしょうか。

  • クレジットカードの利用料金
  • 携帯電話本体の分割払い

え?携帯電話本体の支払いが何か関係あるの?

と思われた方は耳をダンボにして続きの話を聞いてください。

クレジットカードの利用料金や携帯電話本体の分割払いにおいて支払いの遅延が生じると、あなたの大切なクレジットヒストリー(信用情報)に傷が残ります。

当然、カード会社はクレジットヒストリーに残された傷を看過するハズがありません。

つまり、普段の支払いに遅延していることが原因で、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査に落ちてしまう可能性があるのです。

  • 支払いの遅延であなたの大切なクレジットヒストリー(信用情報)に傷が残る
  • カード会社はクレジットヒストリーに残された傷を見過ごさない
  • 支払いの遅延が原因で三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査に落ちる可能性がある

えー!マズい!

と思わず頭を抱えてしまった方は、今、この瞬間からお金の管理を徹底的に見直していただき、今後の全ての支払いを遅延なく励行することを心掛けてくださいね。

クレジットカードの多重申し込みをしない

多重申し込みの何がいけないの?

と腑に落ちない方もいることでしょう。

クレジットカードの多重申し込みで審査が不利になる原因としては、カード会社があなたに対し、以下のようなイメージを抱いてしまうためです。

  • 相当、お金の工面に困っている状況なのでは?
  • 三井住友ビジネスカードfor Owners クラシック以外のカードばかり利用するのでは?

もちろん、この記事をご覧のあなたに上記のような意図はないことでしょう。

ただし、カード会社は例外なく、クレジットカードの多重申し込みを敬遠することは覚えておいてください。

対策法は簡単。仮に三井住友ビジネスカードfor Owners クラシック以外に気になるクレジットカードやビジネスカードがあっても、同じタイミングで申し込みするのは最大で2枚までに留めておいてください。

仮にクレジットカードの多重申し込みに引っかかり、申し込みブラックと見なされてしまった場合、向こう半年間はありとあらゆる審査がほぼ絶望的になります。

十分に注意が必要ですね。

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの申し込みの際に、虚偽の申請をしない

嘘をついてはいけない。

そんなこと知ってる!聞き飽きたよ!

とシャウトしたくなる教えですよね。ところが人間とは実に弱い生き物で、些細な誘惑に負けて、ついついこっそり嘘をつきたくなってしまうものです。

たとえばクレジットカードの申し込みの場合、以下のような行為に及んでしまう方は少なくありません。

  • 年収や他社からの借入額を鯖読みする
  • 融資(借入)を入力しない

そんなのバレないでしょ!

と思いましたか?その考え、甘いです。実はカード会社はCICやJICCなどの信用情報機関より、あなたの個人情報をいとも簡単に開示できます。

つまり三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの申し込みにおける虚偽の記載は無意味どころか逆効果。

むしろあなたが審査落ちする可能性を高めてしまうでしょう。

以上を踏まえ、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査を突破したいのであれば、あなたが現在どのような状況下でも、ありのままの事実を申請することが重要だと心得ておいてください。

参考» 個人事業主がクレジットカードの審査時に借入欄の入力はどこまで必要?

他社からの借入額や借入件数を限りなくゼロに近づけておく

クレジットカード会社の立場になってみると容易に想像できますが、カード会社はあなたの年収だけではなく、以下のような項目も重要な審査の材料として参考にしています。

  • 他社からの借入額
  • 他社からの借入件数

より分かりやすく説明しましょう。年収300万円で借金ゼロの方と、年収500万円で借金まみれの方ならどちらが信用できますか。

おそらく前者ですよね。この例からも分かる通り、やはり他社からの借入件数が少ないに越したことはありません。

ビジネスを立ち上げる際に思い切り借入してしまった!

そんな方はまず、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの発行はグッと我慢していただき、他社からの借入を整理することに全神経を注ぎましょう。

いつまでもダラダラと返済していても、なかなか借金の元本は減りません。

借金の根元を削ぎ落とさなければ、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックはもちろん、他のクレジットカードの審査でも苦戦を強いられますよ。

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査まとめ

ここまでの内容をご覧になった方なら、三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査についてずいぶんと理解が進んだことでしょう。

最後に振り返りを兼ねて、当記事のポイントをまとめておきます。

  • 三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査はそこまで厳しくない
  • 三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックは満20歳以上の会社経営者が発行できる
  • 三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの申し込みに登記簿謄本や決算書は必要ない
  • 赤字経営の方でも三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックにエントリーできる
  • 審査に自信があれば三井住友ビジネスカードfor Ownersゴールドを視野に入れてみよう
  • 三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックは最短1週間程度で発行できる
  • 三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査状況はオンラインで確認できる
  • 三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査は土日も対象
  • 三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査結果はメールで通知される
  • 審査落ちしないためには、支払いの遅延や多重申し込み、虚偽の申請、借入状況などに配慮する

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックは銀行系のビジネスカードですが、年会費やカードのランクを考慮に入れると、そこまで審査に対してナーバスになる必要はありません。

ぜひこちらで記載している審査落ちしないためのチェックポイントをクリアしていただき、自信を持って三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックの審査に臨んでください。

ABOUT ME
みお|クレジットカード専門家
クレジットカード専門家のみおです♪【クレジットカード審査ドットコム】のSNS広報活動もしています!所持カード⇒SPG/雨金/ANA雨金/楽天プレミアム/ライフゴールド/イオンゴールド/ヤフー等。Twitterでは不定期で楽天・アマギフプレゼントキャンペーン開催しているのでぜひフォローしてください♪