プラチナカードの審査

TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査に通過する方法|意外にも審査難易度は厳しい?

TRUST CLUBプラチナマスターカードには、プラチナカードならではの豪華な特典やサービスが受けられるカードなので、入会したいと検討している方も多いことでしょう。

でも、審査に通過できるだろうか…。

このように、申し込みはしたいけどTRUST CLUBプラチナマスターカードの入会審査への不安が大きいという方もいます。

結論を先にお伝えすると、TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査は、銀行系のクレジットカードということもあり少々厳しめではあります。

しかし、申し込み資格・条件をクリアして、審査に通過するための注意事項をしっかり押さえておけば、絶対に審査に通らないということはありません。

今の状態よりTRUST CLUBプラチナマスターカードの審査に通る確率を上げたいあなたのために、TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査難易度から審査落ちしないためのチェックポイントまで丁寧に解説していきましょう。

ぜひ参考にして、年会費がたった3,000円で持てる本物のプラチナカード、TRUST CLUBプラチナマスターカードをあなたのものにしてくださいね。

プラチナマスター

\年間3,000円でプラチナを手に/
» 公式サイトで詳しく見る

気になる箇所をタップ
  1. TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査は厳しい?
    1. TRUST CLUBプラチナマスターカードの利用可能枠は30万円から100万円
  2. 審査の前にチェック!TRUST CLUBプラチナマスターカードの申し込み資格・条件
  3. TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査・難易度から発行までの流れ・時間
    1. TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査難易度は少し高め
    2. TRUST CLUBカードの中でもTRUST CLUBプラチナマスターカードは比較的入会しやすい
    3. TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査は1週間から1か月!?
    4. TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査は土日も行われる
    5. TRUST CLUBプラチナマスターカードをコンパニオンカードとして発行すると審査がない
  4. TRUST CLUBプラチナマスターカードの申し込み方法
    1. 手順1,2|『TRUST CLUBプラチナマスターカード公式サイト』にて申し込み準備をする
    2. 手順3|必要事項を入力する
    3. 手順4|本人確認書類を提出し、入力した内容を確認してから申し込む
    4. 手順5,6|1週間から1か月で審査結果が出てTRUST CLUBプラチナマスターカードが届く
  5. TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査状況を確認する方法
    1. お問い合わせフォームで審査状況を確認する方法
    2. 電話で審査状況を確認する方法
    3. TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査結果はメールか書面で届く
  6. TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査落ちしないためのチェックポイント
    1. TRUST CLUBプラチナマスターカードの申し込み条件を満たしているか
    2. TRUST CLUBプラチナマスターカードを申し込むとき入力ミスはなかったか・嘘や偽りはないか
    3. TRUST CLUBプラチナマスターカードを申し込み時点で支払可能見込額に余裕があるか
    4. TRUST CLUBプラチナマスターカードの他にクレジットカードを短い期間に何枚も申し込んでないか
    5. 過去5年以内に金融事故を起こしていないか
    6. クレヒスが存在するか・キズは付いていないか
  7. TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査まとめ

TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査は厳しい?

プラチナマスター
基本還元率通常:実質0.5%
リボ払い:実質0.75%
年会費3,000円(税抜)
国際ブランドMasterCard
ETCカード無料
家族カード無料

» 公式サイトで詳しく見る

TRUST CLUBプラチナマスターカードは、プラチナであるにもかかわらず年会費が税抜3,000円!

その上、下記のような特典・サービスが受けられます。

  • 国内主要空港のラウンジが無料で利用できる
  • 国内・海外旅行傷害保険付帯(最高3,000万円)
  • バイヤーズ プロテクション付帯(年間50万円まで)
  • TRUST CLUB ポイントモール』経由でお得になる
  • MasterCardランクは6つの中の第3位
  • ダイナースクラブカードのコンパニオンカードとして無料発行可能 など

空港ラウンジが利用できるし、MasterCardのランクも高い!これでは審査も厳しそう。

TRUST CLUBプラチナマスターカードはクレジットカードランクの高いプラチナですし、サービス・特典内容がかなり充実していることもあり、審査難易度が高い感じがしますよね。

確かに審査は少々厳しめではありますが、ガッチリ構えて申し込むほど難易度は高くありません。

それでも不安な方は、この後こちらの記事でご紹介する申し込み資格、そして審査落ちしないためのチェックポイントをしっかり抑えておけば、今のあなたの状態よりも審査に通過する可能性が高くなります。

TRUST CLUBプラチナマスターカードの申し込み資格などを解説する前に、審査に通過した後カードに設定される利用可能枠について簡単に解説しておきましょう。

TRUST CLUBプラチナマスターカードの利用可能枠は30万円から100万円

他社が発行しているプラチナカードと比較すると、TRUST CLUBプラチナマスターカード利用可能枠は下記のように少々低めとなっています。

  • TRUST CLUBプラチナマスターカード:30万円から100万円まで

他社のプラチナカードの利用可能枠は、200万円から500万円であることが多いので、「ちょっと低い…。」と感じてしまいますよね。

しかし、利用限度枠はあなたの年収や年齢などによって変わりますので、200万円の利用限度枠を設けているカードであっても、発行したカードの利用限度枠が必ず200万円の設定になるわけではありません。

TRUST CLUBプラチナマスターカードの利用限度枠は最高100万円ですが、限度枠が低い分使い過ぎの防止にもなるともいえますね。

このように、利用可能枠が他のプラチナカードよりも低めであることも、審査難易度がそこまで高くはない理由の一つになります。

クレジットカードの限度額を上げる方法については『クレジットカードを解約する方法|解約すると今後の審査や信用情報に影響する?』の記事で詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

審査の前にチェック!TRUST CLUBプラチナマスターカードの申し込み資格・条件

TRUST CLUBプラチナマスターカードの入会審査を突破するためには、まず以下の申し込み資格・条件を満たしていなければいけません。

  • 22歳以上であること
  • 年収が200万円以上あること

上記の申し込み資格がクリアされていなければ、審査どころが申し込みすらできませんので、年収を今一度確認しておきましょう。

でも、年収200万円もあったかな…?

年収が200万円以上というと、ちょっと考えてしまいますが、単純に12か月で割ってみると1か月の給料が16.7万円以上であればクリアできる数字です。

毎年ボーナスをもらっている方なら、16.7万円以上の給料がなくても年収200万円を超える可能性はあります。

あくまでも年収は”手取り”ではなく支給額ではないので、会社員の方はほとんとあてはまるかと思います。

そしてもうひとつ、申し込み可能な年齢が満22歳以上であること。

22歳と言えば、多くの方は大学を卒業している年齢でもありますよね。こういったことから、審査に構えなくてはいけないほど厳しくはないことが窺えます。

\本物のプラチナカード/
» 公式サイトで詳しく見る

TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査・難易度から発行までの流れ・時間

TRUST CLUBプラチナマスターカードに入会したくても、審査に通過するかどうかがやはり心配になりますよね。

TRUST CLUBプラチナマスターカード審査難易度がどれくらいのものなのか知っておきたい!

そこで審査の難易度の高さを計る方法の一つとして参考にしてもらいたいのが、クレジットカードの系統です。

まずは、クレジットカードの系統でTRUST CLUBプラチナマスターカードがどの位置にあるのかを解説していきましょう。

TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査難易度は少し高め

クレジットカードの系統は6つあり、その種類と代表的なカードは下記の通りです。

  • 消費者金融系クレジットカード
    ⇒アコムACマスターカード
  • 流通系クレジットカード
    ⇒楽天カード・ヤフーカード・タカシマヤセゾンカード・MUJIカードなど
  • 信販系クレジットカード
    ⇒JCBカード・オリコカードなど
  • 交通系クレジットカード
    ⇒MileagePlusセゾンゴールドカード・ビュースイカカード・JRE CARDなど
  • 銀行系クレジットカード
    ⇒TRUST CLUBプラチナマスターカード・三井住友VISAカード・みずほマイレージクラブカードなど
  • 外資系クレジットカード
    ⇒アメリカン エキスプレス カード・ダイナースカードなど

一番上の『消費者金融系クレジットカード』が審査難易度が低いとされていて、最後にある『外資系クレジットカード』が最も難易度が高いと言われています。

ではTRUST CLUBプラチナマスターカードはどこなのか…というと、下から2番目の『銀行系クレジットカード』になります。

クレジットカードの系統だけ見ると、審査難易度がかなり高いように感じますよね。

しかし、意気込まないと申し込みができないわけではありません。

TRUST CLUBカードシリーズの中でも、TRUST CLUBプラチナマスターカードは入会しやすいカードだからです。

この理由をもう少し詳しく掘り下げていきますね。

TRUST CLUBカードの中でもTRUST CLUBプラチナマスターカードは比較的入会しやすい

TRUST CLUBカードシリーズは7種類あり、年会費・申し込み資格は下記の表のようになっています。

カード名年会費(税抜)申し込み資格
TRUST CLUBワールドエリートカード130,000円25歳以上
TRUST CLUBプラチナ Visaカード35,000円25歳以上
TRUST CLUBワールドカード12,000円25歳以上で年収400万円以上
TRUST CLUBゴールドカード12,000円25歳以上で年収400万円以上
TRUST CLUBプラチナマスターカード3,000円22歳以上で年収200万円以上
TRUST CLUBエリートカード3,000円22歳以上で年収200万円以上
TRUST CLUBエリートカード
(ポイントクラブ)
2,500円22歳以上で年収200万円以上
三井住友信託銀行口座必須

TRUST CLUBプラチナマスターカードは、上位のTRUST CLUBカードシリーズと比較すると、年会費もお手頃で申し込み資格もクリアしやすいのがわかりますね。

プラチナカードの常識を覆し、幅広く利用してもらいたいという思いがこもったカードなので、TRUST CLUBプラチナマスターカードは比較的入会しやすいのです。

といっても、三井住友トラストクラブ独自の審査がありますので、後の章『TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査落ちしないためのチェックポイント』で審査に通過する確率を上げるためのポイントを抑えておきましょう。

TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査は1週間から1か月!?

どのクレジットカードを申し込んでもそうですが、審査の結果が出るまでは気が気ではありませんよね。

では、インターネットでTRUST CLUBプラチナマスターカードを申し込むと、どのような流れでカードが発行されるのかを以下にまとめましょう。

  1. TRUST CLUBプラチナマスターカード公式サイト』にアクセスする
  2. このカードを申し込む』を押し注意事項をよく読んで次へ進む
  3. 必要事項を入力する
  4. 本人確認書類を提出し、入力した内容を確認してから申し込む
  5. 1週間から1か月で審査結果が出る
  6. TRUST CLUBプラチナマスターカードが発行される

TRUST CLUBプラチナマスターカードの入会審査にかかる時間は、早ければ1週間から2週間ほどかかります。

しかし、申し込み状況や審査の内容によっては1か月以上かかることもあり、公式サイトにもこのように記載されています。

当社審査状況により、審査終了までに1ヵ月前後お時間をいただく場合があります。また必要に応じて電話または郵便等により連絡をさせていただくことがあります。あらかじめご了承ください。

引用:『三井住友トラストクラブ公式サイト

審査に時間がかかっていると、「もしかして審査に落ちた!?」と心配してしまいますが、審査時間が長いからといって通過できなかったということにはなりませんので、連絡がくるまでしばらく待っていてくださいね。

TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査は土日も行われる

TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査には長いと1か月ほどかかるとお伝えしましたが、実は三井トラストクラブの休日は年末年始だけなので、土曜日・日曜日・祝祭日でも審査は行われているのです。

  • 三井トラストクラブの休日:12月31日から1月3日まで

TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査は三井トラストクラブ独自で行っているので、上記以外は営業しています。

さて、クレジットカードに詳しい方なら、TRUST CLUBプラチナマスターカードがダイナースクラブカードの『コンパニオンカード』として発行できることをご存じかもしれませんね。

コンパニオンとは、仲間・連れ・付き添いなどの意味があり、ダイナースクラブカードの付き添いカードということになります。

少し余談になりますが、もしTRUST CLUBプラチナマスターカードをコンパニオンカードとして申し込んだ場合、審査はどうなるのかを解説しておきますね。

TRUST CLUBプラチナマスターカードをコンパニオンカードとして発行すると審査がない

もしあなたが現在ダイナースクラブカードを持っていて、コンパニオンカードとしてTRUST CLUBプラチナマスターカードを申し込むと、入会審査は行われません。

その理由は、ダイナースクラブカードを持っている時点で、すでに三井トラストクラブの厳しい審査に通過しているからです。

TRUST CLUBプラチナマスターカードをコンパニオンカードとして発行した場合、申し込みをしてから約2週間程度でカードが自宅に届きます。

TRUST CLUBプラチナマスターカードの申し込み方法

TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査難易度や審査にかかる時間などがわかりましたので、申し込み資格をクリアしているのなら早速申し込みたいですよね。

でも、申し込み方法って難しいのかな?

TRUST CLUBプラチナマスターカードの申し込みは公式サイトで行い、基本的に画面の指示に従うだけなのでそれほど難しくはありません。

といっても、初めての作業ならちょっと心配になりますよね。

そこで、これからTRUST CLUBプラチナマスターカードを申し込みたいあなたが、申し込み方法で迷うことのないように、申し込みの流れを以下にまとめましょう。

  1. TRUST CLUBプラチナマスターカード公式サイト』にアクセスする
  2. このカードを申し込む』を押し注意事項をよく読んで次へ進む
  3. 必要事項を入力する
    本人について・勤め先について・支払い口座の設定
  4. 本人確認書類を提出し、入力した内容を確認してから申し込む
  5. 1週間から1か月で審査結果が出る
  6. TRUST CLUBプラチナマスターカードが発行される

では、上記の手順をもう少しわかりやすく解説していきますね。

手順1,2|『TRUST CLUBプラチナマスターカード公式サイト』にて申し込み準備をする

まずは、『TRUST CLUBプラチナマスターカード公式サイト』にアクセスします。

このカードを申し込む』のボタンを押しましょう。

次の画面には注意事項が記載されているので、内容をよく読んで次へ進みます。

手順3|必要事項を入力する

次の画面に進むと、オンライン申し込みをする際の注意事項がありますので内容を確認しましょう。

次に、色の付いた項目に必要事項を入力していきます。必要事項は以下の3つの項目に分かれており、その都度内容を確認しながら間違いのないように入力しましょう。

  • 本人について
  • 勤め先について
  • 支払い口座の設定

ここで入力ミスをしてしまうと、審査に通過できなくなる可能性がありますので注意してくださいね。

手順4|本人確認書類を提出し、入力した内容を確認してから申し込む

次に本人確認書類を提出します。本人確認書類は、以下のものを準備してください。

現在の住所が記載された本人確認書類が2点ある場合
準備する本人確認書類:2点・運転免許証または運転経歴証明書
・健康保険証
・パスポート
・写真付き住民基本台帳カード
・マイナンバーカード(個人番号カード)
・在留カード/特別永住者証明書
注意事項※運転免許証がある場合は必ず1点目として含める
※名前・生年月日・住所が必ず一致していること
※マイナンバーカード(個人番号カード)は表面のみコピー
現在の住所が記載された本人確認書類が1点しかない場合
準備する本人確認書類:1点・運転免許証または運転経歴証明書
・健康保険証
・パスポート
・写真付き住民基本台帳カード
・マイナンバーカード(個人番号カード)
・在留カード/特別永住者証明書
領収書など:1点・住民票の写し
・国税、地方税の領収書または納税証明書
・社会保険料の領収書
・公共料金の領収書
⇒電気・ガス・水道・NHK・固定電話
注意事項※名前・生年月日・住所が必ず一致していること
※マイナンバーカード(個人番号カード)は表面のみコピー
※住民票・領収書は6か月以内発行のもの

本人確認書類の提出方法は2通りあり、以下のようになっています。

  • アップロード
    ⇒パソコンからオンライン送信(スマートフォン不可)
  • 郵送
    ⇒申し込み完了後三井トラストクラブから届く書類に記載・添付して返送

本人確認書類の提出方法を確認したら、最後にあなたが入力した情報をよく確認して、申し込みを完了させます。

手順5,6|1週間から1か月で審査結果が出てTRUST CLUBプラチナマスターカードが届く

TRUST CLUBプラチナマスターカードの申し込みが完了すると、申し込み時に登録したメールアドレスに『お申し込み完了メール』が届きます。

申し込みが完了してから、早ければ1週間から2週間程度で審査結果が届きます。

ただ、前章でもお伝えしたように、申し込みの状況や審査内容によって1か月ほど審査に時間がかかることもあります。

見事審査を突破すると、自宅にTRUST CLUBプラチナマスターカードが届きます。

審査にあんまり時間がかかっていると、不安が大きくなる!審査状況を確認する方法はある?

確かに、1か月近くも審査結果を待つとなると、不安ばかりが大きくなりますよね。

しかしご安心ください。審査状況を確認する方法はちゃんとありますので、次の章で確認方法を解説しましょう。

\本物のプラチナカード/
» 公式サイトで詳しく見る

TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査状況を確認する方法

審査に時間がかかっていると、審査に通過しなかったのではないか…という不安もありますが、申し込みがしっかり完了していなかったのではないか…という心配もありますよね。

TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査状況を確認する方法は、下記の2通りあります。

  • お問い合わせフォームで確認
  • 電話で確認

では、それぞれに分けて解説しますね。

お問い合わせフォームで審査状況を確認する方法

お問い合わせフォームで審査状況を確認する場合は、以下の手順で問い合わせ内容を送信します。

  1. お問い合わせフォーム』にアクセスする
  2. 受付完了メールに記載されている『受付番号』を入力
  3. クレジット番号は『1111111111111111』(16ケタ)を入力
  4. 問い合わせを完了させる

問い合わせた内容は、後日メールにて届きますので、『sumitclub.jp.info@sumitclub.jp』が受信できるようにしておきましょう。

電話で審査状況を確認する方法

電話で審査状況を確認したい場合は、下記の番号に電話をかけて問い合わせます。

TRUST CLUB カード
  • 0120-866-924(無料)
  • 平日:10時から20時まで
  • 土日・祝祭日:10時から18時まで
  • 休日:12月31日から1月3日まで

問い合わせにはTRUST CLUBプラチナマスターカードを申し込んだときの『受付番号』が必要になるので、すぐに答えられるようにメモしておくといいですね。

では、審査結果がどのように届くのか、審査結果の届き方を次の項目で解説します。

TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査結果はメールか書面で届く

TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査結果は、その合否にかかわらず登録したメールか書面で届きます。

メールが届いてもすぐにわかるように、『sumitclub.jp.info@sumitclub.jp』を電話帳に登録しておくといいでしょう。

また、書面で届く場合もあるので、自宅のポストもしっかりチェックしておきたいですね。

\本物のプラチナカード/
» 公式サイトで詳しく見る

TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査落ちしないためのチェックポイント

TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査難易度は、他のTRUST CLUBカードシリーズよりも高くはないとお伝えしましたが、三井トラストクラブ発行のカードですし、決して審査が緩いわけではありません。

あなたの情報をしっかり確認し、返済能力を調べた上で発行できるかどうかを審査します。

しかし、申し込み前に審査落ちしないためのチェックポイントを抑えておけば、今の状態では審査に通過する可能性が低いという方でも、審査を突破する確率が上がるかもしれません。

審査に通過するためのチェックポイントを、下記にまとめましょう。

  • 申し込み資格・条件を確実に満たしているか
  • 入力ミスがないか・虚偽の申告をしていないか
  • 支払可能見込額に余裕があるか
  • カードを短期間で何枚も申し込んでないか
  • 過去5年以内に金融事故を起こしたことがないか
  • クレジットヒストリーがあるか・キズが付いていないか

審査に通過するための大事なチェックポイントです。TRUST CLUBプラチナマスターカードをその手に収めるためにも、ぜひチェックしてくださいね。

TRUST CLUBプラチナマスターカードの申し込み条件を満たしているか

TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査に通過するためには、下記の条件を満たしておく必要があります。

  • 22歳以上であること
  • 年収が200万円以上あること

条件がクリアできていなければ、審査が行われるどころか申し込みすらできませんので注意してくださいね。

TRUST CLUBプラチナマスターカードを申し込むとき入力ミスはなかったか・嘘や偽りはないか

TRUST CLUBプラチナマスターカードの申し込みの時に、ひとつでも入力ミスがあると審査に通過できないかもしれません。

パソコンやスマートフォンの操作ですから、簡単に行えますしボタン一つで申し込みを完了させてしまえます。

手際よくササッと操作したはいいが、入力ミスがあって審査に落ちた…なんて事態が起こってしまうと、悔やんでも悔やみきれませんよね。

申し込みを完了して内容を送信させる前に、今一度入力した内容をよく確認しておきましょう。

そしてもうひとつ、あなたが申告する情報に嘘・偽りがあってはいけません。

審査に通過したいがために虚偽の申告をしてしまうと、カード会社の信用を失ってしまうかもしれないからです。

あなたが入力する情報は、あなたが歩んできた大切な歴史でもあるので正確に入力してくださいね。

TRUST CLUBプラチナマスターカードを申し込み時点で支払可能見込額に余裕があるか

支払可能見込額』とは割賦販売法で算出する金額のことで、あなたにどれだけの貸付ができるか計算するものです。

支払可能見込額を計算するためには、以下の情報を必要とします。

  • あなたの年収
  • 生活維持費
    ⇒法律で機械的に決まっている
  • 年間クレジット債務
    ⇒向こう1年間のクレジット代金の年会支払予定額

では、どのようにして計算されるのかを表にしてみましょう。

計算方法
支払可能見込額【年収】-【生活維持費】-【クレジット債務(年間)】
カード利用可能枠【利用可能枠】≦【支払可能見込額】×90%
※90%とは、経済産業大臣が定める割合

参考:『一般社団法人 日本クレジット協会 支払可能見込額

上記の方法で支払可能見込額を計算し、その額の90%を超えない金額がTRUST CLUBプラチナマスターカードの利用可能枠になります。

ここで注目してもらいたいのが『クレジット債務』です。

TRUST CLUBプラチナマスターカードの申し込み前に、すでに複数枚のクレジットカードを所持していると、必然的にクレジット債務の金額が上がることになります。

例えば、あなたの年収が300万円・生活維持費が200万円・クレジット債務が90万円だったとしましょう。

この場合、支払可能見込額は以下のようになります。

  • 300万円-200万円-90万円=【支払可能見込額】10万円

10万円に経済産業大臣が認めた90%を掛けると、利用可能枠は9万円になります。

TRUST CLUBプラチナマスターカードに設定されている利用可能枠は、30万円から100万円の間となっているため、あなたにカードの発行はできないことになるのです。

現在クレジットカードを何枚か持っているのなら、一度支払可能見込額と利用可能枠を計算してみるといいでしょう。

TRUST CLUBプラチナマスターカードの他にクレジットカードを短い期間に何枚も申し込んでないか

クレジットカードの申し込み条件をクリアしているのに、審査に落ちてしまう理由の一つに『多重申し込み』があります。

多重申し込みとは、クレジットカードを短い期間に複数枚まとめて申し込むことであり、多重申し込みを行ってしまうことにより審査に通る確率が低くなってしまうのです。

あなたがいつ、どのくらいクレジットカードを申し込んだか。といった記録は、クレジットカードを申し込んだ時点で個人信用情報機関に登録されます。

このため、カード会社が審査を行う段階で多重申し込みしたことがわかります。

多重申し込みを知ったカード会社は、「クレジットカードを一度にたくさん手に入れる必要があるのか?」「犯罪に繋がるのでは?」と不審を感じ、カードを発行してくれないかもしれません。

こんなリスクは背負いたくありませんよね。

TRUST CLUBプラチナマスターカードを確実に手に入れたいなら、多重申し込みはしないようにしてくださいね。

もし、TRUST CLUBプラチナマスターカードの申し込み前に他社のクレジットカードを申し込んでいたら、その合否にかかわらず最低半年の期間を空けてから申し込みをしましょう。

過去5年以内に金融事故を起こしていないか

クレジットカードの利用料金やその他借入金の支払いが遅れたり、債務整理をするなど金融関係の異動があることを『金融事故』といい、金融事故を起こしていると、TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査に通過する確率が低くなります。

主な金融事故は下記の通りです。

  • クレジットカードの利用・キャッシング・その他借金の延滞・滞納・遅延
  • 携帯電話・スマートフォン本体の分割払いの滞納・遅延など
  • 奨学金の滞納・遅延など
  • 通信販売などの分割払いの遅延・滞納
  • 自己破産・個人再生などの債務整理
  • 完済前に行う過払い金請求 など

上記のような金融事故を起こすと、以下の個人信用情報機関に登録されます。

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター

TRUST CLUBプラチナマスターカードはCICと提携しており、CICであなたの情報を開示してもらうことで、金融事故の有無を知ることができます。

金融事故の情報は最低5年間保有されているので、5年以内に金融事故を起こしたことがある人は、TRUST CLUBプラチナマスターカードの申し込みを待った方がいいでしょう。

クレヒスが存在するか・キズは付いていないか

クレジットヒストリー(通称クレヒス)』とは、クレジットカードを今までどのように利用してきたか、返済日に返済できていたかなどクレジットカードや借入れに関する歴史のことです。

金融事故を起こしたことがあると、クレヒスにキズが付くことになるため、入会審査に響いてしまいます。

あなたのクレヒスにキズが付くことのないよう、返済日や口座残高をしっかり確認しておきましょう。

更にもっと注意してもらいたいのが、現在までに1回もクレジットカードを利用したことのない『スーパーホワイト』の方です。

年齢が若いためクレジットカードを作るのが初めてだ…という方なら、TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査に通ることもあります。

しかし、30歳以上のスーパーホワイトの方だと、返済能力を計る材料がありませんので、審査に通過するのが難しくなってしまうのです。

30歳を過ぎているけど、もうクレジットカードは作れないの?

このように心配になるかもしれませんが、下記の方法でクレヒスを今から作ることも可能です。

  • スマートフォン・携帯電話本体の分割払い
  • 通信販売・通信教育などの分割払い

つまり、支払い方法を『分割払い』にすればいいのです。

分割払いで返済日までにしっかり返済していれば、美しいクレヒスが出来上がります。

スーパーホワイトの方は、TRUST CLUBプラチナマスターカードを申し込む前にクレヒスを作り、入会審査に通過する確率を上げておきましょう。

TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査まとめ

プラチナマスターTRUST CLUBプラチナマスターカードは、プラチナカードなのに年会費が税抜で3,000円とお手頃で、豪華な特典やサービスまで付帯しているカードですから、なんとしてでも審査に通過したいですよね。

TRUST CLUBプラチナマスターカードは銀行系クレジットカードですが、TRUST CLUBカードシリーズの中では比較的入会しやすいカードなので、ステップアップするための第一段階として申し込みに挑戦するのもありです。

そのためには、TRUST CLUBプラチナマスターカードの申し込み資格をクリアしておかなければいけません。

そして、審査落ちしないためのチェックポイントをよく確認し、審査に通過する確率を現状よりも上げておくことも大事です。

TRUST CLUBプラチナマスターカードの審査にかかる時間は最短で1週間ですが、長ければ1か月かかります。

心配な場合は、お問い合わせフォームや電話を利用して審査状況を確認してみましょう。

TRUST CLUBプラチナマスターカードを手に入れれば、あなたのクレジットライフがより一層輝きを増すことでしょう。

\本物のプラチナカード/
» 公式サイトで詳しく見る